リソースのタグ付け - AWS CodePipeline

リソースのタグ付け

タグは、ユーザーまたは AWS が AWS リソースに割り当てるカスタム属性ラベルです。各 AWS タグは 2 つの部分で構成されます。

  • タグキー (例: CostCenterEnvironmentProjectSecret)。タグキーでは、大文字と小文字が区別されます。

  • タグ値として知られるオプションのフィールド (例: 111122223333Production、チーム名など)。タグ値を省略すると、空の文字列を使用した場合と同じになります。タグキーと同様に、タグ値は大文字と小文字が区別されます。

これらは共にキーと値のペアと呼ばれます。

タグを使用すると、AWS リソースの特定と整理に役立ちます。多くの AWS のサービスではタグ付けがサポートされるため、さまざまなサービスからリソースに同じタグを割り当てて、リソースの関連を示すことができます。たとえば、Amazon S3 ソースバケットに割り当てたのと同じタグをパイプラインに割り当てることができます。

タグの使用方法のヒントについては、「AWS の回答」ブログの「AWS タグ付け戦略」を参照してください。

CodePipeline では、以下のリソースタイプにタグを付けることができます。

AWS CLI、CodePipeline API、または AWS SDK を使用して、次のことができます。

  • パイプライン、カスタムアクション、ウェブフックを作成するときに、タグを追加します。

  • パイプライン、カスタムアクション、ウェブフックのタグを追加、管理、削除します。

また、コンソールを使用してパイプラインのタグを追加、管理、削除することもできます。

タグを使用してリソースを識別、整理、および追跡するだけでなく、IAM ポリシーのタグを使って、リソースを表示および操作できるユーザーを制御することもできます。タグベースのアクセスポリシーの例については、「タグを使用した CodePipeline リソースへのアクセスのコントロール」を参照してください。