チュートリアル: を使用するパイプラインの作成AWSAppConfig - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

チュートリアル: を使用するパイプラインの作成AWSAppConfig

このチュートリアルでは、設定ファイルを継続的にデリバリーするパイプラインを設定します。AWSAppConfig をデプロイステージのデプロイアクションプロバイダとして使用します。

Prerequisites

開始する前に、以下を完了しておく必要があります。

ステップ 1: 作成するAWSAppConfig リソース

このセクションでは、次のリソースを作成します。

  • あんアプリケーションがAWSAppConfig は、顧客に機能を提供するコードの論理単位です。

  • あん環境がAWSAppConfig は、Beta 環境または本運用環境のアプリケーションなどの AppConfig ターゲットの論理的デプロイグループです。

  • A設定プロファイルは、アプリケーションの動作に影響する設定のコレクションです。設定プロファイルによりAWSAppConfig (AppConfig) をクリックして、保存場所の設定にアクセスします。

  • (オプション) Aデプロイ戦略がAWSAppConfig は、展開中の任意の時点で、新しい展開された構成を受け取るクライアントの割合など、構成展開の動作を定義します。

アプリケーション、環境、設定プロファイル、デプロイ戦略を作成するには

  1. AWS Management Consoleにサインインします。

  2. 次のトピックのステップに従って、AWSAppConfig

ステップ 2: ファイルを S3 ソースバケットにアップロードする

このセクションでは、設定ファイルを作成します。次に、パイプラインによってソースステージに使用されるバケットに、ソースファイルを ZIP 圧縮してプッシュします。

設定ファイルを作成するには

  1. の作成configuration.jsonファイルを、各リージョンの設定ごとに入力します。次の内容を含めます。

    Hello World!
  2. 次の手順に従って、設定ファイルを圧縮してアップロードします。

ソースファイルを圧縮してアップロードするには

  1. ファイルを含む.zip ファイルを作成し、.zip ファイルに名前を付けます。configuration-files.zip。例として、.zip ファイルには次の構造を使用できます。

    . └── appconfig-configurations └── MyConfigurations ├── us-east-1 │ └── configuration.json └── us-west-2 └── configuration.json
  2. バケットの Amazon S3 コンソールで、アップロードに移動し、指示に従って .zip ファイルをアップロードします。

ステップ 3: パイプラインを作成する

このセクションでは、次のアクションを使用してパイプラインを作成します。

  • Amazon S3 アクションを含むソースステージ。ここでは、ソースアーティファクトは設定のファイルです。

  • AppConfig デプロイアクションを含むデプロイステージ。

ウィザードを使用してパイプラインを作成するには

  1. にサインインします。AWS Management Consoleを開き、CodePipeline コンソールをhttp://console.aws.amazon.com/codesuite/codepipeline/home

  2. [ようこそ] ページ、[Getting started (開始方法)] ページ、または [パイプライン] ページで、[パイプラインの作成] を選択します。

  3. Eclipseステップ 1: パイプラインの設定の選択, でパイプライン名] に、MyAppConfigPipeline

  4. Eclipseサービスロール] で、新しいサービスロールを使用して、CodePipeline に IAM でのサービスロールの作成を許可します。

  5. [詳細設定] をデフォルト設定のままにし、[次へ] を選択します。

  6. Eclipseステップ 2: ソースステージの追加, でソースプロバイダー] で、Amazon S3。Eclipseバケットで、S3 ソースバケットの名前を選択します。

    EclipseS3 オブジェクトキーに、.zip ファイルの名前を入力します。configuration-files.zip

    [Next] を選択します。

  7. Eclipseステップ 3: ビルドステージの追加] で、ビルドステージのスキップを選択し、警告メッセージを受け入れます。Skipをクリックします。

    [Next] を選択します。

  8. Eclipseステップ 4: デプロイステージの追加:

    1. Eclipseプロバイダーの展開] で、AWS AppConfig

    2. Eclipseアプリケーションで作成したアプリケーションの名前を選択します。AWSAppConfig フィールドにはアプリケーションの ID が表示されます。

    3. Eclipse環境で作成した環境の名前を選択します。AWSAppConfig フィールドには環境の ID が表示されます。

    4. Eclipse設定プロファイルで、作成した構成プロファイルの名前を選択します。AWSAppConfig フィールドには、設定プロファイルの ID が表示されます。

    5. Eclipseデプロイ戦略で、デプロイ戦略の名前を選択します。これは、AppConfig で作成したデプロイ戦略か、AppConfig で事前定義されたデプロイ戦略から選択したデプロイ戦略のいずれかです。フィールドには、デプロイメント戦略の ID が表示されます。

    6. Eclipse入力アーチファクト構成パスに、ファイルパスを入力します。入力アーティファクト設定パスが S3 バケット.zip ファイルのディレクトリ構造と一致していることを確認します。この例では、次のファイルパスを入力します。appconfig-configurations/MyConfigurations/us-west-2/configuration.json

      
                                AppConfig アクションのアクションページ
    7. [Next] を選択します。

  9. Eclipseステップ 5: 確認を選択し、情報を確認してから、パイプラインの作成

    
                        AppConfig アクションの完成したパイプライン

ステップ 4: 任意のソースファイルに変更を加えてデプロイを確認する

ソースファイルに変更を加え、その変更をバケットにアップロードします。これにより、パイプラインの実行がトリガーされます。バージョンを表示して、設定が使用可能であることを確認します。