例 1: を作成するAWS CodeCommitパイプラインAWS CloudFormation - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

例 1: を作成するAWS CodeCommitパイプラインAWS CloudFormation

このチュートリアルでは、使用する方法を説明します。AWS CloudFormationコンソールを使用して、CodeCommit ソースリポジトリに接続されたパイプラインを含むインフラストラクチャを作成します。このチュートリアルでは、提供されたサンプルテンプレートファイルを使用して、アーティファクトストア、パイプライン、変更検出リソース (Amazon CloudWatch Events ルールなど) を含むリソーススタックを作成します。AWS CloudFormation でリソーススタックを作成したら、AWS CodePipeline コンソールでパイプラインを表示することができます。パイプラインは、CodeCommit ソースステージと CodeDeploy デプロイステージの 2 ステージパイプラインになります。

前提条件:

AWS CloudFormation サンプルテンプレートで使用する以下のリソースを作成しておく必要があります。

AWS CloudFormation でパイプラインを作成する

  1. SampleApp_Linux.zip から解凍したファイルを、AWS CodeCommit リポジトリにアップロードします。解凍したファイルをリポジトリのルートディレクトリにアップロードする必要があります。「ステップ 2: CodeCommit リポジトリにサンプルコードを追加する」の指示に従って、ファイルをリポジトリにプッシュできます。

  2. AWS CloudFormation コンソールを開き、[スタックの作成] を選択します。

  3. [テンプレートの選択] で、[テンプレートを Amazon S3 にアップロード] を選択します。[参照] を選択後、ローカルコンピュータからテンプレートファイルを選択します。[Next] を選択します。

  4. [スタック名] に、パイプラインの名前を入力します。サンプルテンプレートで指定されたパラメータが表示されます。以下のパラメータを入力します。

    1. EclipseApplicationNameに CodeDeploy アプリケーションの名前を入力します。

    2. EclipseBetaFleet[] に CodeDeploy デプロイグループの名前を入力します。

    3. [BranchName] に、使用するリポジトリブランチを入力します。

    4. EclipseRepositoryName[] に CodeCommit ソースリポジトリの名前を入力します。

    
            CodeCommit パイプライン用のスタックを作成する
  5. [Next] を選択します。以下のページのデフォルト値を受け入れ、[次へ] を選択します。

  6. Eclipse機能[] で、私はそれを認めます。AWSCloudFormation が IAM リソースを作成する可能性がある[] を選択してから、作成

  7. スタックの作成が完了したら、イベントリストを表示して、エラーがないか確認します。

    トラブルシューティング

    AWS CloudFormation でパイプラインを作成する IAM ユーザーには、パイプラインのリソースを作成する追加のアクセス許可が必要な場合があります。IAM ユーザーのポリシーに以下のアクセス許可が必要です。AWS CloudFormationを使用して、CodeCommit パイプラインに必要な Amazon CloudWatch Events リソースを作成します。

    { "Effect": "Allow", "Action": [ "events:PutRule", "events:PutEvents", "events:PutTargets", "events:DeleteRule", "events:RemoveTargets", "events:DescribeRule" ], "Resource": "*" }
  8. にサインインします。AWS Management Consoleを開き、CodePipeline コンソールをhttps://console.aws.amazon.com/codepipeline/

    [パイプライン] で、パイプラインを選択してから、[表示] を選択します。この図では、パイプラインのソースとデプロイのステージを示しています。

  9. ソースリポジトリで、変更をコミットしてプッシュします。変更検出リソースが変更を受け取り、パイプラインが開始されます。