GitHub バージョン 1 のソースアクションを GitHub バージョン 2 のソースアクションに更新する - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

GitHub バージョン 1 のソースアクションを GitHub バージョン 2 のソースアクションに更新する

EclipseAWS CodePipelineでは、GitHub ソースアクションには次の 2 つのバージョンがサポートされています。

  • 推奨: GitHub バージョン2のアクションは、Githubアプリケーションベースの認証を使用して、Bitbucket、GitHub、および GitHub Enterprise Server アクション用の CodeStarSourceConnectionリソースを使用します。GitHub のアクセスを管理できるように、AWS CodeStar 接続アプリケーションを GitHub 組織にインストールします。

  • 非推奨: GitHub バージョン 1 アクションは OAuth トークンを使用して GitHub で認証し、別の Webhook を使用して変更を検出します。これはもはや推奨される方法ではありません。

注記

この機能は、アジアパシフィック (香港) リージョンまたはヨーロッパ (ミラノ) リージョンではご利用いただけません。そのリージョンで使用可能な他のソースアクションを使用するには、」ソースアクションの統合

GitHub バージョン 1 のアクションではなく GitHub バージョン 2 のアクションを使用することには、重要な利点があります。

  • 接続では、CodePipeline がリポジトリにアクセスするために OAuth アプリケーションまたは個人用アクセストークンを必要としなくなりました。接続を作成するときは、GitHub リポジトリへの認証を管理し、組織レベルでアクセス許可を許可する GitHub アプリケーションをインストールします。リポジトリにアクセスするには、OAuth トークンをユーザーとして承認する必要があります。アプリベースの GitHub アクセスとは対照的に、OAuth ベースの GitHub アクセスの詳細については、」https://docs.github.com/en/developers/apps/differences-between-github-apps-and-oauth-apps

  • CLI または CloudFormation で GitHub バージョン 2 のアクションを管理する場合、シークレットSecrets Manager に個人アクセストークンをシークレットとして保存する必要がなくなりました。CodePipeline アクション設定に格納されたシークレットを動的に参照する必要がなくなりました。代わりに、アクション設定に接続 ARN を追加します。アクションの設定の例については、Bitbucket、GitHub、および GitHub Enterprise Server アクション用の CodeStarSourceConnection

  • CodePipeline で GitHub バージョン 2 アクションで使用する接続リソースを作成する場合、同じ接続リソースを使用して、AWS CodeGuru Reviewer などのサポートされている他のサービスをリポジトリに関連付けることができます。

  • Githubバージョン2では、リポジトリをクローンして後続のCodeBuild アクションでgitメタデータにアクセスできますが、Githubバージョン1ではソースをダウンロードするだけです。

  • 管理者が組織のリポジトリ用のアプリをインストールします。トークンを作成した個人に依存する OAuth トークンを追跡する必要がなくなりました。

組織にインストールされているすべてのアプリは、同じリポジトリのセットにアクセスできます。各リポジトリにアクセスできるユーザーを変更するには、各接続の IAM ポリシーを変更します。例については、「」を参照してください。例: 指定されたリポジトリで AWS CodeStar 接続を使用するためのスコープダウンポリシー

このトピックの手順を使用して、GitHub バージョン 1 のソースアクションを削除し、CodePipeline コンソールから GitHub バージョン 2 のソースアクションを追加できます。

ステップ 1: バージョン1のGitHub アクションを置き換える

パイプライン編集ページを使用して、バージョン 1 の GitHub アクションをバージョン 2 の GitHub アクションに置き換えます。

バージョン 1 の GitHub アクションを置き換えるには

  1. CodePipeline コンソールにサインインします。

  2. パイプラインを選択し、[編集。選択ステージの編集をソースステージに追加します。アクションを更新することを推奨するメッセージが表示されます。

  3. Eclipseアクションプロバイダ] で、[GitHub (バージョン 2)

  4. 次のいずれかを行ってください。

    • []接続で、プロバイダへの接続をまだ作成していない場合は、[GitHub Connect する。ステップ 2 に進みます。GitHub への接続を作成します。

    • []接続で、プロバイダへの接続がすでに作成されている場合は、接続を選択します。ステップ 3 に進みます。接続のソースアクションを保存します。

ステップ 2: GitHub への接続を作成する

接続の作成を選択すると、GitHub Connect するページが表示されます。

GitHub への接続を作成するには

  1. []GitHub 接続設定に設定されている場合は、接続名が接続名

    []GitHub アプリで、アプリのインストールを選択するか、新しいアプリをインストールするをクリックして、作成します。

    注記

    特定のプロバイダーへのすべての接続に対して 1 つのアプリをインストールします。GitHub アプリを既にインストールしている場合は、それを選択し、この手順をスキップします。

  2. GitHub の認証ページが表示されたら、認証情報を使用してログインし、続行を選択します。

  3. アプリのインストールページで、AWS CodeStar アプリが GitHub アカウントに接続しようとしていることを示すメッセージが表示されます。

    注記

    GitHub アカウントごとに 1 回だけアプリをインストールします。アプリをインストール済みである場合は、[設定をクリックしてアプリのインストールの変更ページに進むか、[戻る] ボタンを使用してコンソールに戻ることができます。

  4. リポジトリの []AWS CodeStar をインストールします。ページで、[インストール

  5. リポジトリの []GitHub Connect する[Connections ID] ページで、新規インストールの接続 ID が表示されます。[接続] を選択します。

ステップ 3: GitHub ソースアクションを保存する

アップデートを完了するには、アクションを編集ページをクリックして、新しいソースアクションを保存します。

GitHub ソースアクションを保存するには

  1. Eclipseリポジトリに、サードパーティのリポジトリの名前を入力します。Eclipseブランチに、パイプラインでソースの変更を検出するブランチを入力します。

    注記

    Eclipseリポジトリ[] にowner-name/repository-name次の例に示すように、

    my-account/my-repository
  2. Eclipse出力アーティファクトのフォーマットで、アーティファクトのフォーマットを選択します。

    • デフォルトのメソッドを使用して GitHub アクションからの出力アーティファクトを保存するには、[CodePipeline デフォルト。アクションは、GitHub リポジトリからファイルにアクセスし、パイプラインアーティファクトストアの ZIP ファイルにアーティファクトを保存します。

    • リポジトリへの URL 参照を含む JSON ファイルを保存して、ダウンストリームのアクションで Git コマンドを直接実行できるようにするには、[Full clone (フルクローン)] を選択します。このオプションは、CodeBuild ダウンストリームアクションでのみ使用できます。

      このオプションを選択した場合は、CodeBuild プロジェクトサービスロールの権限を更新する必要があります。ビットバケット、GitHub、または GitHub Enterprise サーバーへの接続に対するCodeBuild の GitClone アクセス許可を追加する。を使用する方法を示すチュートリアルについては、フルクローン作成オプションの詳細については、」チュートリアル: GitHub パイプラインソースで完全なクローンを使用する

  3. Eclipse出力アーティファクトなど、このアクションの出力アーティファクトの名前を保持できます。SourceArtifact。選択Doneを閉じてください。アクションを編集ページで.

  4. 選択Doneをクリックして、ステージ編集ページを閉じます。選択保存をクリックして、パイプライン編集ページを閉じます。