入力および出力アーティファクト - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

入力および出力アーティファクト

CodePipeline は、開発ツールと統合され、コードの変更をチェックし、継続的デリバリープロセスのすべてのステージを経てビルドおよびデプロイします。

ステージは、パイプラインの作成時に選択した Amazon S3 アーティファクトバケットに保存されている入力アーティファクトと出力アーティファクトを使用します。 CodePipeline は、ステージのアクションタイプに応じて、入力または出力アーティファクトのファイルを圧縮して転送します。

例:

  1. CodePipeline は、ソースリポジトリへのコミットがあるときにパイプラインをトリガーして実行し、ソースステージ。

  2. 前のステップの出力アーティファクト (ビルドする任意のファイル) は、ビルドステージに入力アーティファクトとして取り込まれます。ビルドステージからの出力アーティファクト (ビルドされたアプリケーション) は、更新されたアプリケーションまたは更新された Docker イメージ (コンテナへのビルド済み) である場合があります。

  3. 前のステップの出力アーティファクト (ビルドされたアプリケーション) は、デプロイステージ (ステージング環境や本番環境など)AWS クラウド。アプリケーションをデプロイのフリートにデプロイすることも、ECS クラスターで実行するタスクにコンテナベースのアプリケーションをデプロイすることもできます。

アクションを作成または編集するときは、アクションの入力および出力アーティファクトを指定します。たとえば、2 ステージパイプラインのソースそしてデプロイステージ、でアクションを編集では、デプロイアクションの入力アーティファクトに対するソースアクションのアーティファクト名を選択します。

  • コンソールを使用して最初のパイプラインを作成すると、 CodePipeline 同じに Amazon S3 バケットを作成するAWS リージョンすべてのパイプラインのアイテムを保存します。コンソールを使用して、そのリージョンに別のパイプラインを作成するたびに、 CodePipeline は、そのパイプラインのフォルダをバケットに作成します。このフォルダを使用して、自動リリースプロセスの実行時にパイプラインのアイテムを格納します。このバケットは、codepipeline-region-12345EXAMPLE という名前です。ここで region はパイプラインを作成した AWS リージョンであり、12345EXAMPLE はバケット名が一意になるようにする 12 桁の乱数です。

    注記

    codepipeline-で始まるバケットを既にお持ちの場合領域-パイプラインを作成しているリージョンで、 CodePipeline それをデフォルトのバケットとして使用します。また、辞書式順序に従います。例えば、codepipeline-region-abcexample は、codepipeline-region-defexample の前に選択されます。

    CodePipeline はアーティファクト名を切り詰めるため、それによっていくつかのバケット名が同じように表示される場合があります。アーティファクト名が切り捨てられているように見えても、 CodePipeline は、名前が切り詰められたアーティファクトに影響されない方法でアーティファクトバケットにマッピングします。パイプラインは正常に動作します。これは、フォルダやアーティファクトでは問題となりません。パイプライン名には 100 文字の制限があります。アーティファクトフォルダ名は、短縮されたように見えても、パイプラインに対して依然として一意です。

    パイプラインを作成または編集する場合は、パイプラインリージョンにアーティファクトバケットが必要です。また、アクションを実行する予定のリージョンごとに 1 つのアーティファクトバケットが必要です。コンソールを使用してパイプラインまたはクロスリージョンアクションを作成する場合、デフォルトのアーティファクトバケットは CodePipeline あなたが行動を起こしている地域で。

    使用するものAWS CLIパイプラインを作成するには、そのバケットが同じであれば、そのパイプラインのアーティファクトを任意の Amazon S3 バケットに保存できますAWS リージョンパイプラインとして。アカウントに許可されている Amazon S3 バケットの制限を超えることが懸念される場合は、これを行うことができます。使用するものAWS CLIを使用してパイプラインを作成または編集し、クロスリージョンアクション (AWSプロバイダーの場合は、アクションを実行する予定の追加のリージョンごとにアーティファクトバケットを指定する必要があります。

  • すべてのアクションには種類があります。種類に応じて、アクションは次のいずれかまたは両方を持つ場合があります。

    • アクションが実行されている間に消費または動作するアーティファクトである入力アーティファクト。

    • アクションの出力である出力アーティファクト。

    パイプラインの各出力アーティファクトには一意の名前が必要です。アクションのすべての入力アーティファクトは、そのアクションがステージのアクションの直前であるか、あるいはいくつか前のステージで実行されているかどうかにかかわらず、パイプラインの以前のアクションの出力アーティファクトと一致していなければなりません。

    アーティファクトは、複数のアクションによって処理することができます。