CodePipeline のクイックルック - AWS CodePipeline

CodePipeline のクイックルック

次の図は、CodePipeline を使用したリリースプロセスの例を示しています。


                を使用したリリースプロセスの例CodePipeline

この例では、開発者がソースリポジトリに変更をコミットすると、CodePipeline は自動的に変更を検出します。これらの変更が作成され、テストが設定されている場合は、それらのテストが実行されます。テストが完了すると、ビルドされたコードがテスト用のステージングサーバーにデプロイされます。ステージングサーバーから、CodePipeline は統合テストや読み込みテストなどのさらなるテストを実行します。これらのテストが正常に完了し、パイプラインに追加された手動承認アクションが承認された後、CodePipeline はテスト済みと承認済みコードを本番稼働インスタンスにデプロイします。

CodePipeline は、CodeDeploy、AWS Elastic Beanstalk、または AWS OpsWorks Stacks を使用してアプリケーションを EC2 インスタンスにデプロイできます。CodePipeline は、Amazon ECS を使用してコンテナベースのアプリケーションをサービスにデプロイすることもできます。開発者は、CodePipeline で提供される統合ポイントを使用して、ビルドサービス、テストプロバイダー、その他のデプロイターゲットやシステムなど、他のツールやサービスをプラグインすることもできます。

パイプラインは、リリースプロセスが必要とするのと同じくらいシンプルでも複雑でもかまいません。