更新トークンの使用 - Amazon Cognito

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

更新トークンの使用

更新トークンを使用して、新しい ID およびアクセストークンを取得できます。更新トークンはデフォルトで、アプリケーションユーザーがユーザープールにサインインしてから 30 日後に有効期限が切れます。ユーザープールのアプリケーションを作成するときは、アプリケーションの更新トークンの有効期限を 60 分から 10 年までの任意の値に設定できます。

Mobile SDK for iOS、Mobile SDK for Android、Amplify for iOS、Amplify for Android、および Amplify for Flutter は、有効な (期限が切れていない) 更新トークンが存在する場合に ID トークンとアクセストークンを自動的に更新します。ID トークンとアクセストークンには、2 分間の最小残存有効期間があります。更新トークンが有効期限切れになっている場合、アプリケーションユーザーはユーザープールに再度サインインすることで再認証される必要があります。アクセストークンと ID トークンの最小値が 5 分に設定されていて、SDK を使用している場合、更新トークンは、新しいアクセストークンと ID トークンを取得するために継続的に使用されます。期待される動作は、最小値を 5 分ではなく 7 分以上を設定することで確認できます。

ユーザーのアカウント自体は、ユーザーが新しいアカウントの UnusedAccountValidityDays 時間制限前に少なくとも 1 回ログインしている限り、その有効期限が切れることはありません。

更新トークンによる新しいアクセストークンと ID トークンの取得

更新トークンの認証を開始するには、API または ホストされた UI を使用します。

更新トークンを使用して、ユーザープール API で新しい ID トークンとアクセストークンを取得するには、 AdminInitiateAuthまたは InitiateAuth API オペレーションを使用します。AuthFlow パラメータの REFRESH_TOKEN_AUTH を渡します。AuthFlow の AuthParameters プロパティで、ユーザーの更新トークンを "REFRESH_TOKEN" の値として渡します。Amazon Cognito は、API リクエストがすべてのチャレンジを通過した後、新しい ID とアクセストークンを返します。

注記

Amazon Cognito ユーザープール API を使用してホストされた UI ユーザーのトークンを更新するには、InitiateAuth リクエストを生成します。

更新トークンは、ドメインを設定したユーザープール内の トークンエンドポイント に送信することもできます。リクエスト本文には、refresh_token の grant_type 値とユーザーの更新トークンの refresh_token 値を含めます。

更新トークンの取り消し

ユーザーに属する更新トークンを取り消すことができます。トークンの取り消しの詳細については、「トークンの取り消し」を参照してください。

注記

更新トークンを取り消すと、Amazon Cognito がそのトークンを使用して更新リクエストから発行したすべての ID トークンとアクセストークンが取り消されます。

ユーザーのすべてのトークンを GlobalSignOut および AdminUserGlobalSignOut API オペレーションを使用して取り消すことで、そのユーザーは、現在サインインしているすべてのデバイスからサインアウトできるようになります。ユーザーがサインアウトすると、以下の結果になります。

  • ユーザーの新しいトークンの取得にユーザーの更新トークンを使用できない。

  • ユーザーのアクセストークンは、トークン認証された API リクエストを行うことができない。

  • 新しいトークンを取得するためにユーザーが再認証される必要がある。ホストされた UI セッション cookie は自動的に期限切れにならないため、ユーザーは認証情報の入力を求められることなく、セッション cookie を使用して再認証できます。ホストされた UI ユーザーをサインアウトしたら、ユーザーをログアウトエンドポイントにリダイレクトします。ここで Amazon Cognito はユーザーのセッション cookie を消去します。

更新トークンを使用すると、ユーザーのセッションをアプリケーション内で長期間維持できます。時間が経つに従って、ユーザーはサインインしている一部のデバイスの認証を解除して、セッションを継続的に更新することを希望する場合があります。1 つのデバイスからユーザーをサインアウトするには、ユーザーの更新トークンを取り消します。ユーザーがすべての認証済みセッションからサインアウトする場合は、GlobalSignOutAPI リクエスト を生成します。アプリケーションは、[すべてのデバイスからサインアウト] などのオプションをユーザーに提供できます。GlobalSignOut は、ユーザーの有効な (変更されていない、有効期限が切れていない、取り消されていない) アクセストークンを受け入れます。この API はトークン認証されているため、あるユーザーがそれを使用して別のユーザーのサインアウトを開始することはできません。

ただし、AWS認証情報を使用して認証した AdminUserGlobalSignOut API リクエストを生成して、すべてのデバイスから任意のユーザーをサインアウトできます。管理者アプリケーションは、AWS デベロッパー認証情報を使用してこの API オペレーションを呼び出し、パラメータとしてユーザープール ID とユーザーのユーザー名を渡す必要があります。AdminUserGlobalSignOut API は、ユーザープール内の任意のユーザーをサインアウトできます。

AWS 認証情報またはユーザーのアクセストークンのいずれかを使用して認証できるリクエストの詳細については、「Amazon Cognito ユーザープールの認証済みおよび未認証の API オペレーション」を参照してください。