AWS SDK または CLI AdminCreateUserで を使用する - Amazon Cognito

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI AdminCreateUserで を使用する

以下のコード例は、AdminCreateUser の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

ユーザーを作成するには

次のadmin-create-user例では、指定された設定の E メールアドレスと電話番号を持つユーザーを作成します。

aws cognito-idp admin-create-user \ --user-pool-id us-west-2_aaaaaaaaa \ --username diego \ --user-attributes Name=email,Value=diego@example.com Name=phone_number,Value="+15555551212" \ --message-action SUPPRESS

出力:

{ "User": { "Username": "diego", "Attributes": [ { "Name": "sub", "Value": "7325c1de-b05b-4f84-b321-9adc6e61f4a2" }, { "Name": "phone_number", "Value": "+15555551212" }, { "Name": "email", "Value": "diego@example.com" } ], "UserCreateDate": 1548099495.428, "UserLastModifiedDate": 1548099495.428, "Enabled": true, "UserStatus": "FORCE_CHANGE_PASSWORD" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAdminCreateUser」の「」を参照してください。 AWS CLI

Go
SDK for Go V2
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

type CognitoActions struct { CognitoClient *cognitoidentityprovider.Client } // AdminCreateUser uses administrator credentials to add a user to a user pool. This method leaves the user // in a state that requires they enter a new password next time they sign in. func (actor CognitoActions) AdminCreateUser(userPoolId string, userName string, userEmail string) error { _, err := actor.CognitoClient.AdminCreateUser(context.TODO(), &cognitoidentityprovider.AdminCreateUserInput{ UserPoolId: aws.String(userPoolId), Username: aws.String(userName), MessageAction: types.MessageActionTypeSuppress, UserAttributes: []types.AttributeType{{Name: aws.String("email"), Value: aws.String(userEmail)}}, }) if err != nil { var userExists *types.UsernameExistsException if errors.As(err, &userExists) { log.Printf("User %v already exists in the user pool.", userName) err = nil } else { log.Printf("Couldn't create user %v. Here's why: %v\n", userName, err) } } return err }
  • API の詳細については、「 API リファレンスAdminCreateUser」の「」を参照してください。 AWS SDK for Go

AWS SDK デベロッパーガイドとコード例の完全なリストについては、「」を参照してくださいAWS SDK でこのサービスを使用する。このトピックには、使用開始方法に関する情報と、以前の SDK バージョンの詳細も含まれています。