AWS SDK または CLI DeleteIdentityPoolで を使用する - Amazon Cognito

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI DeleteIdentityPoolで を使用する

以下のコード例は、DeleteIdentityPool の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

アイデンティティプールを削除するには

次の delete-identity-pool 例では、指定したアイデンティティプールを削除します。

コマンド:

aws cognito-identity delete-identity-pool \ --identity-pool-id "us-west-2:11111111-1111-1111-1111-111111111111"

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteIdentityPool」の「」を参照してください。 AWS CLI

Java
SDK for Java 2.x
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

import software.amazon.awssdk.auth.credentials.ProfileCredentialsProvider; import software.amazon.awssdk.awscore.exception.AwsServiceException; import software.amazon.awssdk.regions.Region; import software.amazon.awssdk.services.cognitoidentity.CognitoIdentityClient; import software.amazon.awssdk.services.cognitoidentity.model.DeleteIdentityPoolRequest; /** * Before running this Java V2 code example, set up your development * environment, including your credentials. * * For more information, see the following documentation topic: * * https://docs.aws.amazon.com/sdk-for-java/latest/developer-guide/get-started.html */ public class DeleteIdentityPool { public static void main(String[] args) { final String usage = """ Usage: <identityPoolId>\s Where: identityPoolId - The Id value of your identity pool. """; if (args.length != 1) { System.out.println(usage); System.exit(1); } String identityPoold = args[0]; CognitoIdentityClient cognitoIdClient = CognitoIdentityClient.builder() .region(Region.US_EAST_1) .credentialsProvider(ProfileCredentialsProvider.create()) .build(); deleteIdPool(cognitoIdClient, identityPoold); cognitoIdClient.close(); } public static void deleteIdPool(CognitoIdentityClient cognitoIdClient, String identityPoold) { try { DeleteIdentityPoolRequest identityPoolRequest = DeleteIdentityPoolRequest.builder() .identityPoolId(identityPoold) .build(); cognitoIdClient.deleteIdentityPool(identityPoolRequest); System.out.println("Done"); } catch (AwsServiceException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスDeleteIdentityPool」の「」を参照してください。 AWS SDK for Java 2.x

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 特定の ID プールを削除します。

Remove-CGIIdentityPool -IdentityPoolId us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteIdentityPool」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Swift
SDK for Swift
注記

これはプレビューリリースの SDK に関するプレリリースドキュメントです。このドキュメントは変更される可能性があります。

注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

指定した ID プールを削除します。

/// Delete the specified identity pool. /// /// - Parameters: /// - id: The ID of the identity pool to delete. /// func deleteIdentityPool(id: String) async throws { let input = DeleteIdentityPoolInput( identityPoolId: id ) _ = try await cognitoIdentityClient.deleteIdentityPool(input: input) }

AWS SDK デベロッパーガイドとコード例の完全なリストについては、「」を参照してくださいAWS SDK でこのサービスを使用する。このトピックには、使用開始方法に関する情報と、以前の SDK バージョンの詳細も含まれています。