AWS SDK または CLI SetIdentityPoolRolesで を使用する - Amazon Cognito

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI SetIdentityPoolRolesで を使用する

以下のコード例は、SetIdentityPoolRoles の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

ID プールロールを設定するには

次のset-identity-pool-roles例では、ID プールロールを設定します。

aws cognito-identity set-identity-pool-roles \ --identity-pool-id "us-west-2:11111111-1111-1111-1111-111111111111" \ --roles authenticated="arn:aws:iam::111111111111:role/Cognito_MyIdentityPoolAuth_Role"
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスSetIdentityPoolRoles」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 認証されていない IAM ロールを持つように特定の ID プールを設定します。

Set-CGIIdentityPoolRole -IdentityPoolId us-east-1:0de2af35-2988-4d0b-b22d-EXAMPLEGUID1 -Role @{ "unauthenticated" = "arn:aws:iam::123456789012:role/CommonTests1Role" }
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスSetIdentityPoolRoles」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

AWS SDK デベロッパーガイドとコード例の完全なリストについては、「」を参照してくださいAWS SDK でこのサービスを使用する。このトピックには、使用開始方法に関する情報と、以前の SDK バージョンの詳細も含まれています。