メッセージテンプレート - Amazon Cognito

メッセージテンプレート

メッセージテンプレートを使用すると、対応する値が置き換わるプレースホルダーを使用して、メッセージにフィールドを挿入することができます。

テンプレートのプレースホルダー

説明

トークン

確認コード {####}
一時パスワード {####}
ユーザー名 {username}
注記

検証 E メールメッセージに {username} プレースホルダーを使用することはできません。AdminCreateUser オペレーションで生成する招待 E メールメッセージで {username} プレースホルダーを使用できます。これらの招待 E メールメッセージには 2 つのプレースホルダーを使用します。{username} というユーザー名、{####} という一時パスワードです。

アドバンスドセキュリティのテンプレートのプレースホルダーを使用して、以下を行うことができます。

  • IP アドレス、市、国、サインイン時間、デバイス名など、イベントに関する具体的な詳細を記載します。Amazon Cognito のアドバンスドセキュリティ機能は、これらの詳細を分析できます。

  • ワンクリックリンクが有効であるかどうかを確認します。

  • イベント ID、フィードバックトークン、およびユーザー名を使用して独自のワンクリックリンクを構築します。

注記

ワンクリックリンクを生成し、アドバンスドセキュリティ E メールテンプレートで{one-click-link-valid} および {one-click-link-invalid} プレースホルダーを使用するには、ユーザープール用にドメインがすでに設定されている必要があります。

アドバンスドセキュリティのテンプレートのプレースホルダー

説明

トークン

IP アドレス {ip-address}
City {city}
Country {country}
ログイン時間 {login-time}
デバイス名 {device-name}
オンクリックリンクが有効 {one-click-link-valid}
オンクリックリンクが無効 {one-click-link-invalid}
イベント ID {event-id}
フィードバックトークン {feedback-token}