Amazon Cognito
開発者ガイド

ユーザープールのインポート結果を CloudWatch コンソールに表示

インポートジョブの結果は、Amazon CloudWatch コンソールで表示できます。

結果の表示

次のステップでは、ユーザープールのインポートの結果を表示する方法を説明します。

ユーザープールのインポート結果を見るには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、 https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. [Logs] を選択します。

  3. ユーザープールのインポートジョブに使用するロググループを選択します。ロググループ名は /aws/cognito/userpools/USER_POOL_ID/USER_POOL_NAME の形式です。

  4. 先ほど実行したユーザーインポートジョブのログを選択します。ログ名は JOB_ID/JOB_NAME の形式です。ログの結果は行番号でユーザーを示しています。ユーザーデータはログに書き込まれていません。各ユーザーに対して、次のような行が表示されます。

    • [SUCCEEDED] Line Number 5956 - The import succeeded.

    • [SKIPPED] Line Number 5956 - The user already exists.

    • [FAILED] Line Number 5956 - The User Record does not set any of the auto verified attributes to true. (Example: email_verified to true).

結果の解釈

正常にインポートしたユーザーは、ステータスが「PasswordReset」に設定済みです。

次の場合、ユーザーはインポートされませんが、インポートジョブは継続します。

  • true に設定された自動検証された属性はありません。

  • ユーザーデータはスキーマに一致しません。

  • 内部エラーによりユーザーをインポートできませんでした。

次の場合、インポートジョブは失敗します。

  • Amazon CloudWatch Logs ロールを想定することはできず、正しいアクセスポリシーがないか削除されました。

  • ユーザープールは削除されました。

  • Amazon Cognito は .csv ファイルを解析できません。

このページの内容: