認証情報の取得 - Amazon Cognito

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

認証情報の取得

Amazon Cognito を使用して、権限が制限された一時的な認証情報をアプリケーションに配信し、ユーザーが AWS リソースにアクセスできるようにします。このセクションでは、認証情報を取得する方法と、ID プールから Amazon Cognito ID を取得する方法について説明します。

Amazon Cognito は、認証されている ID と認証されていない ID の両方をサポートします。認証されていないユーザーは ID が検証されないため、このロールはアプリケーションのゲストユーザーに適切です。または、ユーザーの ID が検証されているかどうかが重要ではない場合に適切です。認証されているユーザーは、アプリケーションにログイン際にサードパーティーの ID プロバイダーまたはユーザープールを通じて ID が検証されます。リソースの許可の範囲を適切に設定し、認証されていないユーザーからのアクセスを許可しないようにします。

Amazon Cognito ID は認証情報ではありません。これらは、 AWS Security Token Service () のウェブ ID フェデレーションサポートを使用して認証情報と交換されますAWS STS。アプリケーションユーザーによる AWS 認証情報の取得に推奨される方法は、AWS.CognitoIdentityCredentials の使用です。認証情報オブジェクトの ID は、 を使用して認証情報と交換されます AWS STS。

注記

2015 年 2 月より前に作成したアイデンティティプールの場合で、ロールをパラメータとせずに AWS.CognitoIdentityCredentials コンストラクターを使用するには、再度そのロールと ID プールの関連付けを行う必要があります。これを実行するには、Amazon Cognito コンソールを開き、[Manage identity pools] (ID プールの管理) をクリックしてから ID プールを選択し、[Edit identity Pool] (ID プールの編集) をクリックします。さらに、認証済みと認証済みでないロールを指定した上で変更を保存します。

ウェブ ID 認証情報プロバイダーは、 AWS SDK のデフォルトの認証情報プロバイダーチェーンの一部です。SDK または の AWS ローカルconfigファイルに ID プールトークンを設定するには AWS CLI、web_identity_token_fileプロファイルエントリを追加します。「 SDK とツールのリファレンスガイド」の「ロール認証情報プロバイダーを引き受ける AWS SDKs 」を参照してください。

SDK にウェブ ID 認証情報を入力する方法の詳細については、SDK ディベロッパーガイドを参照してください。最良の結果を得るには、 に組み込まれている ID プール統合からプロジェクトを開始します AWS Amplify。

AWS ID プールで認証情報を取得および設定するための SDK リソース

以下のセクションでは、いくつかのレガシー AWS SDKs。

Amazon Cognito を使用して、権限が制限された一時的な認証情報をアプリケーションに配信し、ユーザーが AWS リソースにアクセスできるようにします。Amazon Cognito は、認証されている ID と認証されていない ID の両方をサポートします。アプリに AWS 認証情報を提供するには、以下の手順に従います。

Android アプリケーションで Amazon Cognito ID プールを使用するには、 をセットアップします AWS Amplify。詳細については、Amplify Dev Center の「認証」を参照してください。

Amazon Cognito アイデンティティの取得

認証されていないユーザーを許可している場合は、エンドユーザーの固有 Amazon Cognito 識別子 (アイデンティティ ID) をただちに取得できます。ユーザーを認証している場合は、認証情報プロバイダーでログイントークンを設定した後で、アイデンティティ ID を取得できます。

String identityId = credentialsProvider.getIdentityId(); Log.d("LogTag", "my ID is " + identityId);
注記

アプリケーションのメインスレッドで、getIdentityId()refresh()、または getCredentials() を呼び出さないでください。Android 3.0 (API レベル 11) NetworkOnMainThreadException以降、メインアプリケーションスレッドでネットワーク I/O を実行すると、アプリケーションは自動的に失敗し、 をスローします。AsyncTask を使用して、バックグラウンドスレッドにコードを移動する必要があります。詳細については、「Android のドキュメント」を参照してください。getCachedIdentityId() を呼び出して ID を取得することもできますが、この操作が可能なのは、既に ID がローカルにキャッシュされている場合のみです。それ以外の場合、メソッドは null を返します。

Amazon Cognito を使用して、権限が制限された一時的な認証情報をアプリケーションに配信し、ユーザーが AWS リソースにアクセスできるようにします。Amazon Cognito ID プールは、認証された ID と認証されていない ID の両方をサポートします。アプリに AWS 認証情報を提供するには、次のステップを実行します。

iOS アプリケーションで Amazon Cognito ID プールを使用するには、 をセットアップします AWS Amplify。詳細については、Amplify Dev Center の「Swift 認証」と「Flutter 認証」を参照してください。

Amazon Cognito アイデンティティの取得

エンドユーザー用の固有 Amazon Cognito 識別子 (アイデンティティ ID) は、認証されていないユーザーを許可している場合はただちに取得、またはユーザーを認証している場合は、認証情報プロバイダーでログイントークンを設定した後で取得することができます。

// Retrieve your Amazon Cognito ID [[credentialsProvider getIdentityId] continueWithBlock:^id(AWSTask *task) { if (task.error) { NSLog(@"Error: %@", task.error); } else { // the task result will contain the identity id NSString *cognitoId = task.result; } return nil; }];
注記

getIdentityId は非同期呼び出しです。アイデンティティ ID が既にプロバイダーで設定されている場合は、credentialsProvider.identityId を呼び出して (ローカルにキャッシュされた) その ID を取得できます。ただし、プロバイダーでアイデンティティ ID が設定されていない場合、credentialsProvider.identityId を呼び出すと nil が返されます。詳細については、Amplify iOS SDK リファレンスを参照してください。

Amazon Cognito を使用して、権限が制限された一時的な認証情報をアプリケーションに配信し、ユーザーが AWS リソースにアクセスできるようにします。Amazon Cognito は、認証されている ID と認証されていない ID の両方をサポートします。アプリに AWS 認証情報を提供するには、以下の手順に従います。

iOS アプリケーションで Amazon Cognito ID プールを使用するには、 をセットアップします AWS Amplify。詳細については、Amplify Dev Center の「Swift 認証」を参照してください。

Amazon Cognito アイデンティティの取得

エンドユーザー用の固有 Amazon Cognito 識別子 (アイデンティティ ID) は、認証されていないユーザーを許可している場合はただちに取得、またはユーザーを認証している場合は、認証情報プロバイダーでログイントークンを設定した後で取得することができます。

// Retrieve your Amazon Cognito ID credentialsProvider.getIdentityId().continueWith(block: { (task) -> AnyObject? in if (task.error != nil) { print("Error: " + task.error!.localizedDescription) } else { // the task result will contain the identity id let cognitoId = task.result! print("Cognito id: \(cognitoId)") } return task; })
注記

getIdentityId は非同期呼び出しです。アイデンティティ ID が既にプロバイダーで設定されている場合は、credentialsProvider.identityId を呼び出して (ローカルにキャッシュされた) その ID を取得できます。ただし、プロバイダーでアイデンティティ ID が設定されていない場合、credentialsProvider.identityId を呼び出すと nil が返されます。詳細については、Amplify iOS SDK リファレンスを参照してください。

ID プールをまだ作成して AWS.CognitoIdentityCredentials を使用する前に Amazon Cognito コンソールで ID プールを作成してください。

ID プロバイダーで ID プールを設定すると、AWS.CognitoIdentityCredentials を使用してユーザーを認証できます。AWS.CognitoIdentityCredentials を使用するようにアプリケーションを設定するには、credentials またはサービス別の設定の AWS.Config プロパティを設定します。次の例では AWS.Config を使用しています。

// Set the region where your identity pool exists (us-east-1, eu-west-1) AWS.config.region = 'us-east-1'; // Configure the credentials provider to use your identity pool AWS.config.credentials = new AWS.CognitoIdentityCredentials({ IdentityPoolId: 'IDENTITY_POOL_ID', Logins: { // optional tokens, used for authenticated login 'graph.facebook.com': 'FBTOKEN', 'www.amazon.com': 'AMAZONTOKEN', 'accounts.google.com': 'GOOGLETOKEN', 'appleid.apple.com': 'APPLETOKEN' } }); // Make the call to obtain credentials AWS.config.credentials.get(function(){ // Credentials will be available when this function is called. var accessKeyId = AWS.config.credentials.accessKeyId; var secretAccessKey = AWS.config.credentials.secretAccessKey; var sessionToken = AWS.config.credentials.sessionToken; });

オプションの Logins プロパティは、ID プロバイダー名の ID トークンへのマッピングです。ID プロバイダーからのトークンの取得方法は、使用するプロバイダーによって異なります。たとえば、Facebook を ID プロバイダーとして使用する場合は、FB.loginFacebook SDK 関数を使用して ID プロバイダートークンを取得します。

FB.login(function (response) { if (response.authResponse) { // logged in AWS.config.credentials = new AWS.CognitoIdentityCredentials({ IdentityPoolId: 'us-east-1:1699ebc0-7900-4099-b910-2df94f52a030', Logins: { 'graph.facebook.com': response.authResponse.accessToken } }); console.log('You are now logged in.'); } else { console.log('There was a problem logging you in.'); } });

Amazon Cognito アイデンティティの取得

エンドユーザー用の固有 Amazon Cognito 識別子 (アイデンティティ ID) は、認証されていないユーザーを許可している場合はただちに取得、またはユーザーを認証している場合は、認証情報プロバイダーでログイントークンを設定した後で取得することができます。

var identityId = AWS.config.credentials.identityId;

Amazon Cognito を使用して、権限が制限された一時的な認証情報をアプリケーションに配信し、ユーザーが AWS リソースにアクセスできるようにします。Amazon Cognito は、認証されている ID と認証されていない ID の両方をサポートします。アプリに AWS 認証情報を提供するには、以下の手順に従います。

AWS  SDK for Unity も、AWS SDK for .NET の一部になりました。で Amazon Cognito の使用を開始するには AWS SDK for .NET、「 AWS SDK for .NET デベロッパーガイド」のAmazon Cognito 認証情報プロバイダー」を参照してください。または、 でアプリケーションを構築するためのオプションについては、「Amplify Dev Center」を参照してください AWS Amplify。

Amazon Cognito アイデンティティの取得

エンドユーザー用の固有 Amazon Cognito 識別子 (アイデンティティ ID) は、認証されていないユーザーを許可している場合はただちに取得、またはユーザーを認証している場合は、認証情報プロバイダーでログイントークンを設定した後で取得することができます。

credentials.GetIdentityIdAsync(delegate(AmazonCognitoIdentityResult<string> result) { if (result.Exception != null) { //Exception! } string identityId = result.Response; });

Amazon Cognito を使用して、権限が制限された一時的な認証情報をアプリケーションに配信し、ユーザーが AWS リソースにアクセスできるようにします。Amazon Cognito は、認証されている ID と認証されていない ID の両方をサポートします。アプリに AWS 認証情報を提供するには、以下の手順に従います。

AWS  SDK for Xamarin も、AWS SDK for .NET の一部になりました。で Amazon Cognito の使用を開始するには AWS SDK for .NET、「 AWS SDK for .NET デベロッパーガイド」のAmazon Cognito 認証情報プロバイダー」を参照してください。または、 でアプリケーションを構築するためのオプションについては、「Amplify Dev Center」を参照してください AWS Amplify。

注記

注: 2015 年 2 月より前に作成した ID プールで、ロールをパラメータとせずに、このコンストラクターを使用するには、再度そのロールと ID プールの関連付けを行う必要があります。これを実行するには、Amazon Cognito コンソールを開き、[Manage identity pools] (ID プールの管理) をクリックしてから ID プールを選択し、[Edit identity Pool] (ID プールの編集) をクリックします。さらに、認証済みと認証済みでないロールを指定した上で変更を保存します。

Amazon Cognito アイデンティティの取得

エンドユーザー用の固有 Amazon Cognito 識別子 (アイデンティティ ID) は、認証されていないユーザーを許可している場合はただちに取得、またはユーザーを認証している場合は、認証情報プロバイダーでログイントークンを設定した後で取得することができます。

var identityId = await credentials.GetIdentityIdAsync();