Amazon Cognito Sync の使用開始方法 - Amazon Cognito

Amazon Cognito Sync の使用開始方法

Amazon Cognito Sync を初めて使用する場合は、AWS AppSync を使用してください。Amazon Cognito Sync と同様に、AWS AppSync はデバイス間でアプリケーションデータを同期化するためのサービスです。

このサービスは、アプリの設定やゲームステートといったユーザーデータの同期化を可能にします。また、複数のユーザーが同期し、共有されたデータでリアルタイムにコラボレートできるようにすることで、これらの機能を拡張します。

AWS のサービスである Amazon Cognito Sync は、アプリケーション関連のユーザーデータのデバイス間での同期を可能にするクライアントライブラリです。これは、モバイルデバイスとウェブの全体でユーザープロファイルデータを同期させるために使用できます。クライアントライブラリはローカルにデータをキャッシュするため、アプリはデバイスの接続状態にかかわらず、データを読み書きすることができます。デバイスがオンラインのときは、データを同期し、プッシュ同期を設定すると、更新が利用できることが他のデバイスにすぐに通知されます。

AWS アカウントにサインアップする

Amazon Cognito Sync を使用するには、AWS アカウントが必要です。まだ行っていない場合は、以下の手順を使用してサインアップします。

AWS にサインアップしてアカウントを作成するには

  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて確認コードを入力することが求められます。

Amazon Cognito で ID プールをセットアップする

Amazon Cognito Sync では、ユーザー ID を提供するための Amazon Cognito ID プールが必要です。最初に ID プールをセットアップしてから Amazon Cognito Sync を使用する必要があります。ID プールを作成し、SDKをインストールするには、Amazon Cognito ID プール (フェデレーティッド ID) の使用開始方法 を参照してください。

データを保存し、同期する

ID プールを設定して SDK をインストールしたら、デバイス間でデータを保存して同期を開始できます。詳細については、「データの同期」を参照してください。