および Service Quotas でのクォータ CloudWatch と使用状況の追跡 - Amazon Cognito

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

および Service Quotas でのクォータ CloudWatch と使用状況の追跡

Amazon Cognito ユーザープールをモニタリングできます。 CloudWatch Service Quotas また、Service Quotas で ID プールの使用状況をモニタリングすることもできます。 CloudWatch は raw データを収集し、読み取り可能なほぼリアルタイムのメトリクスに処理します。では CloudWatch、特定のしきい値を監視し、それらのしきい値に達したときに通知を送信したりアクションを実行したりするアラームを設定できます。サービスクォータの CloudWatch アラームを作成するには、「アラームの作成 CloudWatch」を参照してください。Amazon Cognito のメトリクスは 5 分間隔で利用できます。の保持期間の詳細については CloudWatch、「Amazon CloudWatch FAQ」ページを参照してください。

Service Quotas を使用して、Amazon Cognito ユーザープールとアイデンティティプールのクォータの使用状況を表示および管理できます。Service Quotas コンソールには、サービスクォータの表示、サービスクォータ引き上げのリクエスト、および現在の使用状況の表示という 3 つの機能があります。最初の機能を使用してクォータを表示し、クォータが調整可能かどうかを確認できます。2 番目の機能を使用して、Service Quotas の引き上げをリクエストできます。最後の機能は、クォータの使用率の表示に使用できます。この機能を利用できるのは、アカウントがしばらくの間アクティブな状態であった場合のみです。Service Quotas コンソールでのクォータの表示に関する詳細については、「Viewing service quotas」を参照してください。

注記

Amazon Cognito のメトリクスは 5 分間隔で利用可能になります。の保持期間の詳細については CloudWatch、「Amazon CloudWatch FAQ」ページを参照してください。

クロスアカウントオブザーバビリティで CloudWatchモニタリングアカウントとして AWS アカウント 設定された にサインインしている場合は、そのモニタリングアカウントを使用してサービスクォータを視覚化し、そのモニタリングアカウントにリンクされているソースアカウントのメトリクスのアラームを設定できます。詳細については、CloudWatch 「クロスアカウントオブザーバビリティ」を参照してください。