アプリからユーザープールのアドバンストセキュリティを有効化する - Amazon Cognito

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリからユーザープールのアドバンストセキュリティを有効化する

ユーザープールのアドバンストセキュリティ機能を設定した後、ウェブまたはモバイルアプリで有効化する必要があります。

  1. Amazon Amazon Cognito Identity SDK for JavaScript をアプリケーションに追加します。

  2. CognitoUserPool.js でAdvancedSecurityDataCollectionFlagを に設定しますtrueUserPoolId をユーザープール ID に設定します。

  3. このソースリファレンスをアプリケーションの JavaScript ファイルに追加します。を、、us-east-1us-east-2、、us-west-2eu-west-2または のリストから eu-west-1<region>に置き換え AWS リージョン ますeu-central-1

    <script src="https://amazon-cognito-assets.<region>.amazoncognito.com/amazon-cognito-advanced-security-data.min.js"></script>
  1. AWS Amplify for Android でアプリを作成します。詳細については、AWS Amplify Dev Center の「プロジェクトセットアップ」を参照してください。

  2. userContextDataProvider を使用して、認証リクエストにユーザーとデバイスの情報を含めます。

レガシーの Android SDK にユーザーコンテキストデータを追加する方法については、aws-android-sdk-cognitoidentityprovider-asf を参照してください。

  1. AWS Amplify for Swift または Flutter を使用してアプリを作成します。詳細については、AWS Amplify Dev Center の Swift プロジェクトセットアップと Flutter プロジェクトセットアップを参照してください。

  2. 認証リクエストにユーザーとデバイスの情報を含めます。InitiateAuth API オペレーションで使用する例については、 の userContextData InitiateAuthInput+Amplify.swift の を参照してください GitHub。

レガシー iOS SDK にユーザーコンテキストデータを追加する方法については、「AWSCognitoIdentityProviderASF」を参照してください。