acm-certificate-expiration-check - AWS Config

acm-certificate-expiration-check

アカウントの AWS Certificate Manager 証明書が、指定の日数以内で有効期限切れとしてマークされているかどうかを確認します。ACM が提供する証明書は自動的に更新されます。ACM は、ユーザーがインポートした証明書を自動的に更新しません。証明書の有効期限が近づいている場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: ACM_CERTIFICATE_EXPIRATION_CHECK

リソースタイプ: AWS::ACM::Certificate

トリガータイプ: 設定変更および定期的

AWS リージョン: 中国 (北京)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (大阪)、欧州 (ミラノ)、欧州 (スペイン)、欧州 (チューリッヒ) を除く、サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

daysToExpiration (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 14

ルールで ACM 証明書を非準拠としてフラグ付けするまでの日数を指定します。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS Config テンプレートを使用して AWS CloudFormation マネージドルールを作成するには、「AWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成」を参照してください。