appsync-associated-with-waf - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

appsync-associated-with-waf

AWS AppSync APIs が AWS WAFv2 ウェブアクセスコントロールリスト (ACLsに関連付けられているかどうかを確認します。 AWS AppSync API がウェブ ACL に関連付けられていない場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: APPSYNC_ASSOCIATED_WITH_WAF

リソースタイプ: AWS::AppSync::GraphQLApi

[トリガータイプ:] 定期的

AWS リージョン: 中国 (北京)、アジアパシフィック (ジャカルタ)、アフリカ (ケープタウン)、中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (メルボルン)、 AWS GovCloud (米国東部) AWS GovCloud 、(米国西部)、イスラエル (テルアビブ)、欧州 (スペイン)、中国 (寧夏)、欧州 (チューリッヒ) AWS の各リージョンを除く、サポートされているすべての リージョン

パラメータ:

wafWebAclARNsオプション)
タイプ: CSV

認証された Web ACL の Amazon リソースネーム (ARN) のカンマ区切りリスト。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成