バックアップ計画-分-頻度と分保持チェック - AWS Config

バックアップ計画-分-頻度と分保持チェック

バックアッププランに、必要な頻度と保存期間を満たすバックアップルールがあるかどうかを確認します。このルールは、少なくとも指定した頻度と同じ頻度でリカバリポイントが作成されない場合、または指定した期間より前に期限切れになる場合は、非準拠です。

識別子:BACKUP_PLAN_MIN_FREQUENCY_AND_MIN_RETENTION_CHECK

リソースタイプ: AWS::Backup::BackupPlan

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: 中国 (北京)、アジアパシフィック (ジャカルタ)、中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (大阪)、AWS GovCloud (米国東部)、AWS GovCloud (米国西部)、欧州 (スペイン)、中国 (寧夏)、欧州 (チューリッヒ) を除く、サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

必須周波数値 (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 1

必要なバックアップ頻度の数値 最大 24 時間、31 日間。

必要な保持日数 (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 35

必要な保存期間 (日単位)

必須周波数単位 (オプション)
型: 文字列
デフォルト:日単位

必要なバックアップ頻度の単位時間です。受け入れられる値:[時間]、[日]

AWS CloudFormation テンプレート

AWS Config テンプレートを使用して AWS CloudFormation マネージドルールを作成するには、「AWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成」を参照してください。