codepipeline-region-fanout-check - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

codepipeline-region-fanout-check

内の各ステージが、前のすべての結合ステージで AWS CodePipeline がデプロイ AWS CodePipeline したリージョンの数の N 倍以上にデプロイされるかどうかを確認します。N はリージョンファンアウト番号です。最初のデプロイステージでは最大 1 個のリージョンにデプロイでき、2 番目のデプロイステージでは regionFanoutFactor で指定された最大数までデプロイできます。regionFanoutFactor を指定しない場合、デフォルト値は 3 です。例えば、最初のデプロイステージで 1 つのリージョンにデプロイし、2 番目のデプロイステージで 3 つのリージョンにデプロイする場合、3 番目のデプロイステージでは 12 のリージョン、つまり、以前のステージの合計数にファンアウトリージョン数 (3) を乗算した数までデプロイできます。ルールは、デプロイ先の数が第 1 ステージで 1 リージョン、2 番目のステージで 3 リージョン、または 3 番目のステージで 12 リージョンを超える場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: CODEPIPELINE_REGION_FANOUT_CHECK

リソースタイプ: AWS::CodePipeline::Pipeline

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: アジアパシフィック (ムンバイ)、欧州 (パリ)、米国東部 (オハイオ)、欧州 (アイルランド)、欧州 (フランクフルト)、南米 (サンパウロ)、米国東部 (バージニア北部)、アジアパシフィック (ソウル)、欧州 (ロンドン)、アジアパシフィック (東京)、米国西部 (オレゴン)、米国西部 (北カリフォルニア)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (シドニー)、カナダ (中部) リージョンでのみ利用できます

パラメータ:

regionFanoutFactor (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 3

前のすべてのステージで がデプロイ AWS CodePipeline したリージョンの数は、ステージがデプロイできるリージョンの許容数です。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成