codepipeline-region-fanout-check - AWS Config

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

codepipeline-region-fanout-check

AWS CodePipeline の各ステージが、以前のすべてのステージをまとめた AWS CodePipeline でデプロイしたリージョンの数の N 倍を超えてデプロイされているかどうかを確認します (N はリージョンファンアウト数)。最初のデプロイステージでは最大 1 つのリージョンにデプロイでき、2 番目のデプロイステージでは で指定された最大数にデプロイできますregionFanoutFactor。 を指定しない場合、デフォルト値は 3 です。regionFanoutFactor以下に例を示します。1 番目のデプロイステージで 1 つのリージョンにデプロイし、2 番目のデプロイステージで 3 つのリージョンにデプロイする場合、3 番目のデプロイステージでは 12 のリージョンにデプロイできます。つまり、以前のステージの合計数にリージョンファンアウト (3 回) の数を掛けます。ルールは、デプロイ先の数が第 1 ステージで 1 リージョン、2 番目のステージで 3 リージョン、または 3 番目のステージで 12 リージョンを超える場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: CODEPIPELINE_REGION_FANOUT_CHECK

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: 中国 (北京)、 中国 (寧夏) 、 、 AWS GovCloud (米国東部) 、 AWS GovCloud (US-West) 、 アジアパシフィック (香港) 、 、 欧州 (ストックホルム) を除く、サポートされているすべての AWS リージョン中東 (バーレーン)アフリカ (ケープタウン)ヨーロッパ (ミラノ)

パラメータ:

regionFanoutFactor

AWS CodePipeline によって以前のすべてのステージでデプロイされたリージョンの数は、任意のステージでこの数までデプロイできるリージョンの許容数です。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「AWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成」を参照してください。