db-instance-backup-enabled - AWS Config

db-instance-backup-enabled

RDS DB インスタンスでバックアップが有効になっているかどうかを確認します。オプションで、バックアップ保存期間およびバックアップウィンドウを確認します。

識別子: DB_INSTANCE_BACKUP_ENABLED

リソースタイプ: AWS::RDS::DBInstance

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: 中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、欧州 (スペイン)、欧州 (チューリッヒ) を除く、サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

backupRetentionPeriod (オプション)
タイプ: int

バックアップ保持期間。

backupRetentionMinimum (オプション)
タイプ: int

バックアップの最短保持期間

preferredBackupWindow (オプション)
型: 文字列

バックアップを作成する時間範囲。

checkReadReplicas (オプション)
タイプ:ブール値

リードレプリカに対して RDS DB インスタンスでバックアップが有効になっているかどうかを確認します。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS Config テンプレートを使用して AWS CloudFormation マネージドルールを作成するには、「AWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成」を参照してください。