desired-instance-tenancy - AWS Config

desired-instance-tenancy

インスタンスのテナンシーが指定したものかどうかを確認します。AMI からインスタンスが起動されているかどうかを確認するには AMI ID を指定し、専有ホストからインスタンスが起動されているかどうかを確認するにはホスト ID を指定します。複数の ID 値はカンマで区切ります。

識別子: DESIRED_INSTANCE_TENANCY

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

tenancy

インスタンスの目的のテナンシー。有効な値は、DEDICATEDHOSTDEFAULT です。

imageId

インスタンスの起動元の AMI の ID が指定した ID である場合にのみインスタンスを評価します。複数の AMI ID はカンマで区切ります。

hostId

インスタンスの起動元となる Amazon EC2 専有ホストの ID。複数のホスト ID はカンマで区切ります。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「AWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成」を参照してください。