desired-instance-tenancy - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

desired-instance-tenancy

インスタンスのテナンシーが指定したものかどうかを確認します。AMI からインスタンスが起動されているかどうかを確認するには AMI ID を指定し、専有ホストからインスタンスが起動されているかどうかを確認するにはホスト ID を指定します。複数の ID 値はカンマで区切ります。

Identifier: DESIRED_INSTANCE_TENANCY

Trigger type: 設定変更

AWS Region: All supported AWS regions

パラメータ:

tenancy
タイプ: 文字列

Desired tenancy of the instances. Valid values are DEDICATED, HOST and DEFAULT.

imageId (Optional)
タイプ: CSV

The rule evaluates instances launched only from AMIs with the specified IDs. 複数の AMI ID はカンマで区切ります。

hostId (Optional)
タイプ: CSV

The IDs of the EC2 Dedicated Hosts on which the instances are meant to be launched. Separate multiple Host IDs with commas.

AWS CloudFormation テンプレート

To create AWS Config managed rules with AWS CloudFormation templates, see Creating AWS Config Managed Rules With AWS CloudFormation Templates.