dynamodb-autoscaling-enabled - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

dynamodb-autoscaling-enabled

Checks if Auto Scaling or On-Demand is enabled on your DynamoDB tables and/or global secondary indexes. 必要に応じて、テーブルまたはグローバルセカンダリインデックスの読み込みおよび書き込みキャパシティーユニットを設定できます。

Identifier: DYNAMODB_AUTOSCALING_ENABLED

Trigger type: 定期的

AWS Region: All supported AWS regions except AWS GovCloud (US-East), AWS GovCloud (US-West) Region

パラメータ:

minProvisionedReadCapacity (Optional)
タイプ: int

The minimum number of units that should be provisioned with read capacity in the Auto Scaling group.

maxProvisionedReadCapacity (Optional)
タイプ: int

The minimum number of units that should be provisioned with write capacity in the Auto Scaling group.

targetReadUtilization (Optional)
型: 倍精度浮動小数点数

The maximum number of units that should be provisioned with read capacity in the Auto Scaling group.

minProvisionedWriteCapacity (Optional)
タイプ: int

The maximum number of units that should be provisioned with write capacity in the Auto Scaling group.

maxProvisionedWriteCapacity (Optional)
タイプ: int

読み込みキャパシティーのターゲット使用率 (%)。ターゲット使用率は、プロビジョニングされたキャパシティーに対する消費されたキャパシティーの割合で示されます。

targetWriteUtilization (Optional)
型: 倍精度浮動小数点数

書き込みキャパシティーのターゲット使用率 (%)。ターゲット使用率は、プロビジョニングされたキャパシティーに対する消費されたキャパシティーの割合で示されます。

AWS CloudFormation テンプレート

To create AWS Config managed rules with AWS CloudFormation templates, see Creating AWS Config Managed Rules With AWS CloudFormation Templates.