efs-access-point-enforce-user-identity - AWS Config

efs-access-point-enforce-user-identity

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) アクセスポイントが、ユーザー ID を適用するよう設定されているかどうかを確認します。「PosixUser」が定義されていない場合、またはパラメータが提供され、対応するパラメータに一致するものがない場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: EFS_ACCESS_POINT_ENFORCE_USER_IDENTITY

リソースタイプ: AWS::EFS::AccessPoint

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: 中国 (北京)、アジアパシフィック (ジャカルタ)、中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、AWS GovCloud (米国東部)、AWS GovCloud (米国西部)、欧州 (スペイン)、中国 (寧夏)、欧州 (チューリッヒ) を除く、サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

approvedUids (オプション)
タイプ: CSV

EFS アクセスポイントのユーザー適用で承認された POSIX ユーザー ID のカンマ区切りリスト。

approvedGids (オプション)
タイプ: CSV

EFS アクセスポイントのユーザー適用で承認された POSIX グループ ID のカンマ区切りリスト。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS Config テンプレートを使用して AWS CloudFormation マネージドルールを作成するには、「AWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成」を参照してください。