efs-access-point-enforce-ユーザー ID - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

efs-access-point-enforce-ユーザー ID

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) アクセスポイントが、ユーザー ID を適用するよう設定されているかどうかを確認します。'PosixUser' が定義されていない場合、またはパラメータが指定されていて、対応するパラメータに一致がない場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: EFS_ACCESS_POINT_ENFORCE_USER_IDENTITY

リソースタイプ: AWS::EFS::AccessPoint

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: アジアパシフィック (ジャカルタ)、中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (メルボルン)、イスラエル (テルアビブ)、欧州 (スペイン)、中国 (寧夏)、欧州 (チューリッヒ) AWS の各リージョンを除く、サポートされているすべての リージョン

パラメータ:

approvedUids (オプション)
タイプ: CSV

EFS アクセスポイントのユーザー適用で承認された POSIX ユーザー ID のカンマ区切りリスト。

approvedGids (オプション)
タイプ: CSV

EFS アクセスポイントのユーザー適用で承認された POSIX グループ ID のカンマ区切りリスト。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成