elasticache-supported-engine-version - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

elasticache-supported-engine-version

ElastiCache クラスターが推奨エンジンバージョン以上のバージョンを実行しているかどうかを確認します。 ElastiCache クラスターの 'EngineVersion' が、指定されたエンジンの指定された推奨バージョンよりも小さい場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: ELASTICACHE_SUPPORTED_ENGINE_VERSION

リソースタイプ: AWS::ElastiCache::CacheCluster

[トリガータイプ:] 定期的

AWS リージョン: 中国 (北京)、中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (メルボルン) AWS GovCloud 、(米国東部) AWS GovCloud 、(米国西部)、イスラエル (テルアビブ)、欧州 (スペイン)、中国 (寧夏)、欧州 (チューリッヒ) AWS の各リージョンを除く、サポートされているすべての リージョン

パラメータ:

latestMemcachedVersion
型: 文字列

Memcached の最新の推奨エンジンバージョンです。有効な値は、メジャーバージョン、マイナーバージョン、パッチバージョン (1.6 ではなく 1.6.6 などSemVer) の 3 つのコンポーネント番号を持つセマンティックバージョニング () 形式です。

latestRedisVersion
型: 文字列

Redis の最新の推奨エンジンバージョンです。有効な値は、メジャーバージョン、マイナーバージョン、パッチバージョン (7.0 ではなく 7.0.5 などSemVer) の 3 つのコンポーネント番号を持つセマンティックバージョニング () 形式です。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成