AWS Config カスタム Lambda ルールの作成 - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Config カスタム Lambda ルールの作成

カスタムルールを作成して、AWS Lambda 関数により AWS Config に追加できます。各カスタムルールは Lambda 関数と関連付けます。この関数には、AWS リソースがルールに準拠しているかどうかを評価するロジックが含まれています。この関数をルールに関連付け、設定変更または定期的な間隔に応じてルールから関数を呼び出します。次に、関数はリソースがルールに準拠しているかどうかを評価し、評価結果を AWS Config に送信します。

カスタム Lambda ルール (Amazon EC2 の例)」の例では、各 EC2 インスタンスが t2.micro タイプであるかどうかを評価するカスタム Lambda ルールを初めて作成する手順を示します。AWS Lambda に変更なしで追加できる Lambda 関数の例が含まれています。「カスタム Lambda ルール (一般的な例)」の例は、カスタム Lambda ルールを作成する、より一般的な例を示しています。

AWS Lambda 関数の動作と作成方法については、[AWS Lambda デベロッパーガイド] を参照してください。