guardduty-enabled-centralized - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

guardduty-enabled-centralized

AWS アカウントと AWS リージョンで Amazon GuardDuty が有効になっているかどうかを確認します。一元化のために AWS アカウントを指定すると、ルールは一元化されたアカウント GuardDuty の結果を評価します。が有効になっている場合、ルールは COMPLIANT GuardDuty です。

識別子: GUARDDUTY_ENABLED_CENTRALIZED

[トリガータイプ:] 定期的

AWS リージョン: 中東 (バーレーン)、イスラエル (テルアビブ)、カナダ西部 (カルガリー) AWS を除く、サポートされているすべての リージョン

パラメータ:

CentralMonitoringAccount (オプション)
型: 文字列

Amazon GuardDuty の結果を一元化できる AWS アカウント (12 桁) のカンマ区切りリスト。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成