rds-cluster-default-admin- チェック - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

rds-cluster-default-admin- チェック

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) データベースクラスターが管理者ユーザーネームをそのデフォルト値から変更したかどうかを確認します。管理者ユーザーネームがデフォルト値に設定されている場合、ルールは NON_COMPLIANT になります。

[Identifier] (識別子): RDS_CLUSTER_DEFAULT_ADMIN_CHECK

リソースタイプ: AWS::RDS::DBCluster

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: 中東 (バーレーン)、中国 (北京)、アジアパシフィック (ジャカルタ)、中東 (アラブ首長国連邦)、南米 (サンパウロ)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (メルボルン) AWS GovCloud 、(米国東部) AWS GovCloud 、(米国西部)、イスラエル (テルアビブ)、欧州 (スペイン)、中国 (寧夏)、欧州 (チューリッヒ) AWS の各リージョンを除く、サポートされているすべての リージョン

パラメータ:

validAdminUser名前 (オプション)
タイプ: CSV

Amazon RDS クラスターが使用できる管理者ユーザーネームのコンマ区切りのリストです。「postgres」と「admin」はデフォルト値であるため、有効なユーザーネームとしてこれらのいずれかを含めることはできません。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成