rds-last-backup-recovery- ポイント作成 - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

rds-last-backup-recovery- ポイント作成

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) のリカバリポイントが作成されたかどうかを確認します。Amazon RDS インスタンスに対応するリカバリポイントが指定した期間内に作成されていない場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: RDS_LAST_BACKUP_RECOVERY_POINT_CREATED

リソースタイプ: AWS::RDS::DBInstance

[トリガータイプ:] 定期的

AWS リージョン: 中国 (北京)、アジアパシフィック (ジャカルタ)、中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (大阪)、アジアパシフィック (メルボルン)、イスラエル (テルアビブ)、欧州 (スペイン)、中国 (寧夏)、欧州 (チューリッヒ) AWS の各リージョンを除く、サポートされているすべての リージョン

パラメータ:

resourceTags (オプション)
型: 文字列

チェックするルールの Amazon RDS インスタンスのタグ (JSON 形式 {"tagkey" : "tagValue"})。

resourceld (オプション)
型: 文字列

チェックするルールの Amazon RDS インスタンスの ID

recoveryPointAge値 (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 1

最大許容期間の数値。時間は 744 以下、日は 31 以下。

recoveryPointAge単位 (オプション)
型: 文字列
デフォルト:日単位

最大許容期間のための時間の単位。受け入れられる値:[時間]、[日]

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成