redshift-backup-enabled - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

redshift-backup-enabled

Amazon Redshift 自動スナップショットがクラスターに対して有効になっていることを確認します。automatedSnapshotRetentionPeriod の値が MaxRetentionPeriod より大きいか MinRetentionPeriod より小さい場合、または値が 0 の場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: REDSHIFT_BACKUP_ENABLED

リソースタイプ: AWS::Redshift::Cluster

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: アジアパシフィック (ジャカルタ)、アフリカ (ケープタウン)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (大阪)、ヨーロッパ (ミラノ)、イスラエル (テルアビブ)、カナダ西部 (カルガリー)、ヨーロッパ (スペイン)、ヨーロッパ (チューリッヒ) AWS リージョンを除くすべてのサポート対象リージョン

パラメータ:

MinRetentionPeriod (オプション)
タイプ: int

保持期間の最小値。最小値は 1 です。

MaxRetentionPeriod (オプション)
タイプ: int

保持期間の最大値。最大値は 35 です。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS Config AWS CloudFormation テンプレートを使用してマネージドルールを作成するには、を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成