restricted-common-ports - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

restricted-common-ports

重要

このルールでは、ルール識別子 (RESTRICTED_INCOMING_TRAFFIC) とルール名 () が異なります。restricted-common-ports

使用中のセキュリティグループが、指定されたポートへの無制限の着信 Transmission Control Protocol (TCP) トラフィックを不許可にしているかどうかを確認します。以下の場合、ルールは COMPLIANT です。

  • すべての TCP トラフィックへのポートアクセスがブロックされます。

  • ポートアクセスは、単一の IPv4 アドレス、またはすべての IPv4 アドレス (「0.0.0.0/0」) をカバーしない CIDR 表記の IPv4 のアドレス範囲を送信元とするインバウンドルールによって、TCP トラフィックに開放されます。

  • ポートアクセスは、単一の IPv6 アドレス、またはすべての IPv6 アドレス (「::/0)」) をカバーしない CIDR 表記の IPv6 のアドレス範囲を送信元とするインバウンドルールによって、TCP トラフィックに開放されます。

受信 TCP 接続の IP アドレスが指定されたポートに制限されていない場合、このルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: RESTRICTED_INCOMING_TRAFFIC

リソースタイプ: AWS::EC2::SecurityGroup

トリガータイプ: 設定変更および定期的

AWS リージョン: AWS サポートされているすべてのリージョン

パラメータ:

blockedPort1 (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 20

ブロックされた TCP ポート番号。デフォルトの 20 は、File Transfer Protocol (FTP) データ転送に対応します。

blockedPort2 (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 21

ブロックされた TCP ポート番号。デフォルトの 21 は、File Transfer Protocol (FTP) コマンド管理に対応します。

blockedPort3 (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 3389

ブロックされた TCP ポート番号。デフォルトの 3389 はリモートデスクトッププロトコル (RDP) に対応しています。

blockedPort4 (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 3306

ブロックされた TCP ポート番号。デフォルトの 3306 は MySQL プロトコルに対応しています。

blockedPort5 (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 4333

ブロックされた TCP ポート番号。デフォルトの 4333 は MySQL プロトコルに対応しています。

blockedPorts (オプション)
タイプ: CSV

ブロックされた TCP ポート番号のカンマ区切りリスト。例えば、20、21、3306、3389、4333 などです。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS Config AWS CloudFormation テンプレートを使用してマネージドルールを作成するには、を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成