root-account-hardware-mfa-enabled - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

root-account-hardware-mfa-enabled

AWS アカウントで、多要素認証 (MFA) ハードウェアデバイスを使用してルート認証情報でサインインできるかどうかを確認します。このルールは、ルート認証情報でサインインすることが許可されている仮想 MFA デバイスがあれば NON_COMPLIANT です。

注記

マネージドルールとグローバル IAM リソースタイプ

2022 年 2 月より前にオンボーディングされたグローバル IAM リソースタイプ (AWS::IAM::GroupAWS::IAM::Role、、および AWS::IAM::User) は、2022 年 AWS::IAM::Policy2 月より前に AWS Config が利用可能な AWS リージョンでのみ AWS Config によって記録できます。これらのリソースタイプは、2022 年 2 月 AWS Config 以降、 でサポートされているリージョンでは記録できません。これらのリージョンのリストについては、「リソースの記録 | グローバル AWS リソース」を参照してください。

少なくとも 1 つのリージョンにグローバル IAM リソースタイプを記録する場合、グローバル IAM リソースタイプのコンプライアンスを報告する定期的なルールは、定期的なルールが追加されたリージョンでグローバル IAM リソースタイプの記録を有効にしていない場合でも、定期的なルールが追加されているすべてのリージョンで評価を実行します。

不要な評価を回避するには、グローバル IAM リソースタイプのコンプライアンスを報告する定期的なルールのみを、サポートされているリージョンのいずれかにデプロイする必要があります。どのリージョンでどのマネージドルールがサポートされているかのリストについては、「リージョンの可用性別の AWS Config マネージドルールのリスト」を参照してください。

識別子: ROOT_ACCOUNT_HARDWARE_MFA_ENABLED

[トリガータイプ:] 定期的

AWS リージョン: サポートされているすべての AWS リージョン

[パラメータ:]

なし

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成