s3-bucket-public-write-prohibited - AWS Config

s3-bucket-public-write-prohibited

Amazon S3 バケットでパブリック書き込みアクセスが許可されていないかどうかを確認します。このルールは、パブリックアクセスのブロック設定、バケットポリシー、およびバケットアクセスコントロールリスト (ACL) を確認します。

次の両方に該当するときはこのルールに準拠しています。

  • Block Public Access 設定でパブリックポリシーが制限されているか、またはバケットポリシーでパブリックの書き込みアクセスが許可されません。

  • Block Public Access 設定でパブリック ACL が制限されているか、またはバケット ACL でパブリックの書き込みアクセスが許可されません。

このルールは次の場合に準拠されません。

  • パブリックアクセスのブロック設定でパブリックポリシーが制限されていない場合、AWS Config はポリシーでパブリック書き込みアクセスが許可されているかどうかを評価します。ポリシーでパブリックの書き込みアクセスが許可されている場合、このルールは非準拠です。

  • パブリックアクセスのブロック設定でパブリックバケット ACL が制限されていない場合、AWS Config はバケット ACL でパブリック書き込みアクセスが許可されているかどうかを評価します。バケット ACL でパブリックの書き込みアクセスが許可されている場合、このルールは非準拠です。

識別子: S3_BUCKET_PUBLIC_WRITE_PROHIBITED

トリガータイプ: 設定変更および定期的

AWS リージョン : サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

なし

AWS CloudFormation テンプレート

AWS Config テンプレートを使用して AWS CloudFormation マネージドルールを作成するには、「AWS Config テンプレートを使用した AWS CloudFormation マネージドルールの作成」を参照してください。