Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) でのセキュリティに関するベストプラクティス - AWS Config

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) でのセキュリティに関するベストプラクティス

このパックには、Amazon RDS に基づく AWS Config ルールが含まれています。このコンフォーマンスパックは、AWS リージョン の大部分との互換性を実現するために設計されており、パラメータの設定を必要としません。環境や特定のリージョンに対してパラメータを設定する必要がある追加の管理ルールについては、「AWS Config マネージドルールのリスト」のページを参照してください。

AWS リージョン: 中東 (バーレーン)、南米 (サンパウロ)、アジアパシフィック (香港) を除く、サポートされているすべての AWS リージョン

必須パラメータの名前と説明については、「パラメータ」セクションを参照してください。

テンプレートは、GitHub の「Security Best Practices for Amazon RDS」(Amazon RDS のセキュリティベストプラクティス) で入手できます。