storagegateway-resources-protected-by-バックアップ計画 - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

storagegateway-resources-protected-by-バックアップ計画

AWS Storage Gateway ボリュームがバックアッププランで保護されているかどうかを確認します。Storage Gateway ボリュームがバックアップ計画の対象でない場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: STORAGEGATEWAY_RESOURCES_PROTECTED_BY_BACKUP_PLAN

リソースタイプ: AWS::StorageGateway::Volume

[トリガータイプ:] 定期的

AWS リージョン: 中国 (北京)、アジアパシフィック (ジャカルタ)、中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (大阪)、アジアパシフィック (メルボルン)、イスラエル (テルアビブ)、欧州 (スペイン)、中国 (寧夏)、欧州 (チューリッヒ) AWS の各リージョンを除く、サポートされているすべての リージョン

パラメータ:

resourceTags (オプション)
型: 文字列

チェックするルールの Storage Gateway ボリュームのタグ (JSON 形式 )。

resourceld (オプション)
型: 文字列

チェックするルールの Storage Gateway ボリュームの ID。

crossRegionList (オプション)
型: 文字列

クロスリージョンバックアップコピーの保存先リージョンのカンマ区切りリスト

crossAccountList (オプション)
型: 文字列

クロスアカウントバックアップコピーを保持する宛先アカウントのカンマ区切りリスト

maxRetentionDays (オプション)
タイプ: int

バックアップボールトロックの最大保持期間 (日数)

minRetentionDays (オプション)
タイプ: int

バックアップボールトロックの最小保持期間 (日数)

backupVaultLockチェック (オプション)
型: 文字列

受け入れられる値: 「True」または「False」。ルールで、リソースがロックされたボールトにバックアップされているかどうかをチェックするには、「True」と入力します。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成