wafv2-logging-enabled - AWS Config

wafv2-logging-enabled

AWS ウェブアプリケーションファイアウォール (WAFV2) のリージョンおよびグローバルウェブアクセスコントロールリスト (ACL) でログ記録が有効になっているかどうかを確認します。ログ記録が有効になっていても、ログ記録の送信先がパラメータの値と一致しない場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: WAFV2_LOGGING_ENABLED

トリガータイプ: 定期的

AWS リージョン: 中国 (北京)、アジアパシフィック (ジャカルタ)、アフリカ (ケープタウン)、中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード)、アジアパシフィック (大阪)、欧州 (ミラノ)、AWS GovCloud (米国東部)、AWS GovCloud (米国西部)、欧州 (スペイン)、中国 (寧夏)、欧州 (チューリッヒ) を除く、サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

KinesisFirehoseDeliveryStreamArns (オプション)
タイプ: CSV

Kinesis Firehose 配信ストリーム ARN のカンマ区切りリスト。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS Config テンプレートを使用して AWS CloudFormation マネージドルールを作成するには、「AWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成」を参照してください。