ウォークスルー: landing zone 使用停止 - AWS Control Tower

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ウォークスルー: landing zone 使用停止

AWS Control Tower では、Landing Zone と呼ばれる安全なマルチアカウント AWS 環境を設定し、管理できます。AWS Control Tower によって割り当てられた全リソースをクリーンアップするプロセスは、廃棄landing zone

AWS Control Tower を使用しない場合は、自動廃炉ツールによって、AWS Control Tower によって割り当てられたリソースがクリーンアップされます。自動廃炉プロセスを開始するには、ランディングゾーンの設定ページで、[使用停止] タブを選択し、廃止landing zone

廃止処理中に実行するアクションの一覧については、廃止プロセスの概要

警告

すべての AWS Control Tower のリソースを手動で削除することは、廃炉とは異なります。新しいlanding zone を設定することはできません。

廃止処理によって、データと既存の AWS Organizations に変更がない点は次のとおりです。

  • データは削除されず、AWS Control Tower によって作成された Landing Zone の一部のみが削除されます。

  • 廃止処理の完了後は、S3 バケットや Amazon CloudWatch Logs ロググループなどの一部のリソースアーティファクトが残ります。これらのリソースは、別の Landing Zone を設定する前に、手動で削除する必要があります。これにより、特定のリソースの保守に伴い派生する可能性があるコストを回避できます。

  • 自動廃止を使用して、部分的にセットアップされた Landing Zone を削除することはできません。Landing Zone のセットアッププロセスが失敗した場合、自動廃止を有効にするには、障害状態を解決してセットアップを完了する必要があります。または、リソースを個別に手動で削除する必要があります。

Landing Zone の廃止は、重大な影響を引き起こす処理であり、元に戻すことはできません。 AWS Control Tower によって実行される廃止アクション、および廃止後に残るアーティファクトについては、以下のセクションで説明します。

重要

この廃止プロセスは、Landing Zone の使用を停止する場合にのみ実行することを強くお勧めします。既存の Landing Zone を廃止した後に再作成することはできません。

使用停止後に手動クリーンアップタスクが必要

  • Landing Zone を廃止した後に新しい Landing Zone を作成する場合は、ロギングアカウントと監査アカウントに異なる電子メールアドレスを指定する必要があります。

  • CloudWatch Logs ロググループaws-controltower/CloudTrailLogsの削除は、別の landing zone を設定する前に手動で削除する必要があります。

  • ログ用に予約された 2 つの S3 バケットは、手動で削除するか、名前を変更する必要があります。

  • 削除するか、名前を変更する必要があります。セキュリティおよびサンドボックス組織単位を手動で実行できます。

    注記

    AWS Control Tower を削除する前にセキュリティ OU組織では、まずロギングアカウントと監査アカウントを削除する必要がありますが、管理アカウントは削除する必要はありません。これらのアカウントを削除するには、監査アカウントとロギングアカウントに ルートユーザーとしてサインインする (ルートユーザーとしてログイン) し、個別に削除する必要があります

  • あなたは削除したいかもしれませんAWS Single Sign-On(AWS SSO) AWS Control Tower 実行できますが、既存のAWS SSOの設定

  • AWS Control Tower によって作成された VPC を削除し、関連する AWS CloudFormation スタックセットも削除することもできます。

  • 別のホームリージョンに AWS Control Tower のlanding zone を設定する前に、コマンド「aws 組織 disable-aws-service-access —service-principal controltower.amazonaws.com」も実行する必要があります。