ランディングゾーンを更新する - AWS Control Tower

ランディングゾーンを更新する

AWS Control Tower ランディングゾーンを更新する最も簡単な方法は、[Landing zone settings] (ランディングゾーン設定) ページを使用することです。このページは、AWS Control Tower ダッシュボードの左側ナビゲーションで [Landing zone settings] (ランディングゾーン設定) を選択すると表示されます。

[Landing zone settings] (ランディングゾーン設定) ページには、ランディングゾーンの現在のバージョンが表示され、利用可能な更新バージョンが一覧表示されます。バージョンを更新する必要がある場合は、[Update] (更新) ボタンを選択できます。

注記

または、ランディングゾーンを手動で更新することもできます。[Update] (更新) ボタンを使用するか手動で処理するかにかかわらず、更新にはほぼ同じ時間がかかります。ランディングゾーンのみを手動で更新するには、以下のステップ 1 と 2 を参照してください。

手動更新

以下に示しているのは、AWS Control Tower の手動での完全な更新のステップです。個々のアカウントを更新するには、「コンソールでアカウントを更新する」を参照してください。

OU ごとに任意の数のアカウントを使用して、ランディングゾーンを手動で更新するには

  1. ウェブブラウザを開き、AWS Control Tower コンソール (https://console.aws.amazon.com/controltower/home/update) に移動します。

  2. ウィザードの情報を確認し、[Update] (更新) を選択します。これにより、ランディングゾーンのバックエンドおよび共有アカウントが更新されます。このプロセスには 30 分と少しかかる可能性があります。

  3. メンバーアカウントを更新します (300 を超えるアカウントを含む OU の場合、この手順に従う必要があります)。

  4. 左側のナビゲーションペインから、[Organization] (組織) を選択します。

  5. 各アカウントを更新するには、コンソールでアカウントを更新する に記載されている手順に従います。

オプションで [Re-register OU] (OU の再登録) を使用してアカウントを更新する

アカウントが 300 未満の登録済み AWS Control Tower OU については、ダッシュボードの [OU page] (OU ページ) に移動し、[Re-register OU] (OU を再登録) を選択して、その OU のアカウントを更新します。