コストと使用状況レポート の作成 - コストと使用状況レポート

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

コストと使用状況レポート の作成

を作成するには、 コンソールの [コストと使用状況レポートBilling and Cost Management] ページを使用します。コストと使用状況レポート

注記

AWS から Amazon S3 バケットへのレポートの配信を開始するまで、最大 24 時間かかる場合があります。配信の開始後、AWS は少なくとも 1 日 1 回 AWS のコストと使用状況レポート ファイルを更新します。

コストと使用状況レポート を表示するには

  1. Billing and Cost Management コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/home#/) にサインインします。

  2. ナビゲーションペインで [コストと使用状況レポート] を選択します。

  3. [Create report (レポートを作成)] を選択します。

  4. [レポート名] に、レポートの名前を入力します。

  5. [Additional report details] で、[Include resourceIDs] を選択して、各リソースの をレポートに含めます。IDs

    注記

    リソース IDs を含めると、リソースごとに個別の明細項目が作成されます。これにより、コストと使用状況レポート の使用状況に基づいて、AWS ファイルのサイズが大幅に増加する可能性があります。

  6. [Data refresh settings] で、請求額の確定後に AWS で返金、クレジット、またはサポート料金をアカウントに適用した場合に AWS のコストと使用状況レポート を更新するかどうかを選択します。レポートを更新すると、新しいレポートが Amazon S3 にアップロードされます。

  7. [次へ] を選択します。

  8. [S3 バケット] で、[設定] を選択します。

  9. [S3 バケットの設定] ダイアログボックスで、次のいずれかを実行します。

    • ドロップダウンリストから既存のバケットを選択し、[Next (次へ)] を選択します。

    • バケット名と、新しいバケットを作成するリージョンを入力し、[Next (次へ)] を選択します。

  10. バケットポリシーを確認し、[I have confirmed that this policy is correct] を選択して、[Save] を選択します。

  11. [Report path prefix (レポートパスのプレフィックス)] に、レポート名に付加するレポートパスのプレフィックスを入力します。

  12. [Time granularity] で、次のいずれかを選択します。

    • Hourly: レポートの明細項目を 1 時間ごとに集計する場合に選択します。

    • Daily: レポートの明細項目を 1 日ごとに集計する場合に選択します。

    • レポートの明細項目を月別に集計する場合は、[ Monthly]。

  13. [Report versioning (レポートバージョニング)] で、レポートの各バージョンでレポートの以前のバージョンを上書きするのか、以前のバージョンに加えて配信するのかを選択します。

    レポートを上書きすると、Amazon S3 ストレージコストを節約できます。新しいレポートバージョンの配信により、時間の経過に伴う請求データの監査性が向上します。

  14. [Enable report data integration for] で、コストと使用状況レポート が Amazon Athena、Amazon Redshift、または Amazon QuickSight と統合できるようにするかどうかを選択します。レポートは、以下の形式で圧縮されています。

    • Athena: parquet 形式

    • Amazon Redshift または Amazon QuickSight : .gz 圧縮

  15. [次へ] を選択します。

  16. レポートの設定を確認したら、[Review and Complete (確認して完了)] を選択します。

レポートがいつ最後に更新されたかを確認するには、いつでも コストと使用状況レポート コンソールの Billing and Cost Management セクションに戻ります。