レポートの表示 - AWS コストと使用状況レポート

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

レポートの表示

コストと使用状況レポートに関する情報を表示するには、Billing and Cost Management コンソールを使用します。レポートのファイルを表示するには、Amazon S3 コンソールを使用できます。

次の手順を使用して、レポートファイルとレポートファイルを検索します。

レポートの詳細とファイルを表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/billing/home#/ で請求とコストマネジメントコンソールにサインインします。

  2. ナビゲーションペインで、[Cost & Usage Reports] (コストと使用状況レポート) を選択します。

  3. レポートのリストから、表示するレポートの名前を選択します。

  4. リポジトリの []レポートの詳細ページで、レポートの設定を表示できます。

  5. レポートのファイルを表示するには、パスプレフィックスレポートの詳細ページで.

  6. リストされているバケット名を選択します。Amazon S3 バケット。リンクによって、このバケットが Amazon S3 コンソールで開きます。

  7. バケット内のオブジェクトのリストから、最初の部分の名前が付いたフォルダを選択します。パスプレフィックスステップ 5 で書き留めたこと。たとえば、パスプレフィックスですexample-report-prefix/example-report-nameという名前のフォルダを選択します。レポートプレフィックスの例

  8. フォルダ内のオブジェクトのリストから、の 2 番目の部分の名前が付いたフォルダを選択します。パスプレフィックスステップ 5 で書き留めたこと。たとえば、パスプレフィックスですexample-report-prefix/example-report-nameという名前のフォルダを選択します。例-レポート名。このフォルダには、レポートファイルが含まれています。

最新のレポートバージョンの表示

AWS料金が確定するまで、少なくとも 1 日に 1 回はコストと使用状況レポートを更新します。レポートを作成するときに、新しいレポートバージョンを作成するか、更新ごとに既存のレポートバージョンを上書きするかを選択できます。

更新のたびに新しいレポートバージョンを作成するようにレポートを構成した場合は、AssemblyIDマニフェストファイルで、最新のレポートファイルを検索します。

複数のレポートバージョンがある場合に最新のレポートファイルを表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/billing/home#/ で請求とコストマネジメントコンソールにサインインします。

  2. ナビゲーションペインで、[Cost & Usage Reports] (コストと使用状況レポート) を選択します。

  3. レポートのリストから、表示するレポートの名前を選択します。

  4. リポジトリの []レポートの詳細ページでは、パスプレフィックス

  5. Amazon S3 バケットの下に表示されるバケット名を選択します。リンクによって、このバケットが Amazon S3 コンソールで開きます。

  6. バケット内のオブジェクトのリストから、最初の部分の名前が付いたフォルダを選択します。パスプレフィックスステップ 4 で書き留めたこと。たとえば、パスプレフィックスですexample-report-prefix/example-report-nameという名前のフォルダを選択します。レポートプレフィックスの例

  7. フォルダ内のオブジェクトのリストから、の 2 番目の部分の名前が付いたフォルダを選択します。パスプレフィックスステップ 4 で書き留めたこと。たとえば、パスプレフィックスですexample-report-prefix/example-report-nameという名前のフォルダを選択します。例-レポート名

  8. 最新の請求期間 (YYYYMMDD-YYYMMDD 形式) のフォルダを開きます。

  9. を開くexample-report-name-manifest.jsonファイルを開きます。

  10. マニフェストファイルの先頭に、AssemblyID。-AssemblyID値は、最新のレポートファイルがあるフォルダの名前に対応します。

  11. Amazon S3 コンソールのページに戻り、最新の請求期間が指定されているフォルダが表示されています。

  12. という名前のフォルダを開きます。AssemblyIDステップ 10 で書き留めた値。たとえば、AssemblyID値はです20210129T123456Zという名前のフォルダを開きます。20210129T123456Z/。このフォルダには、最新のレポートファイルが含まれています。

確定レポートの表示

月末に請求書を発行した後、AWSレポートの使用料金を確定します。レポートの明細項目が最終的なものかどうかを判断するには、bill/InvoiceId列でロードバランサーの ID をクリックします。明細項目が最終の場合、bill/InvoiceId列にはAWS請求書 ID。行項目がまだ最終でない場合は、bill/InvoiceId列には「推定」という単語が入力されます。

レポート全体が確定したかどうかを確認するには、bill/BillType列でロードバランサーの ID をクリックします。レポートが確定した場合は、bill/BillType列には「Anniversary」という単語が入力されます。報告書がまだ最終的でない場合は、bill/BillType列には「推定」という単語が入力されます。

注記

レポートが確定したら、AWS次の場合にレポートを更新するかもしれないAWSは、その月の使用状況に対して、返金、クレジット、またはサポート料金を適用します。デベロッパー、ビジネス、エンタープライズSupport は最終使用料金に基づいて計算されるため、それらは前月のレポートの月の 6 日または 7 日に反映されます。AWSは、との契約条件または契約に基づいてクレジットまたは払い戻しを適用します。AWS。