メニュー
AWS Data Pipeline
開発者ガイド (API Version 2012-10-29)

前提条件

AWS Data Pipeline では、前提条件とは、アクティビティを実行する前に true になっている必要がある条件ステートメントを含むパイプラインコンポーネントです。たとえば、前提条件によって、パイプラインアクティビティでデータのコピーを試行する前に、ソースデータがあるかどうかを確認できます。AWS Data Pipeline には、データベーステーブルが存在するかどうか、Amazon S3 キーが存在するかどうかなど、一般的なシナリオに対応するパッケージ済みの前提条件がいくつか用意されています。ただし、前提条件は拡張可能であるため、独自のカスタムスクリプトを実行して、無限の組み合わせをサポートできます。

前提条件には、システム管理型の前提条件とユーザー管理型の前提条件の 2 つの種類があります。システム管理型の前提条件は、お客様に代わって AWS Data Pipeline ウェブサービスによって実行され、コンピューティングリソースを必要としません。ユーザー管理型の前提条件は、runsOn または workerGroup フィールドを使用して指定したコンピューティングリソースでのみ実行されます。workerGroup リソースは、前提条件を使用するアクティビティから派生します。

システム管理型の前提条件

DynamoDBDataExists

データが特定の DynamoDB テーブルに存在するかどうかを確認します。

DynamoDBTableExists

DynamoDB テーブルが存在するかどうかを確認します。

S3KeyExists

Amazon S3 キーが存在するかどうかを確認します。

S3PrefixNotEmpty

Amazon S3 プレフィックスが空であるかどうかを確認します。

ユーザー管理型の前提条件

Exists

データノードが存在するかどうかを確認します。

ShellCommandPrecondition

前提条件としてカスタム Unix/Linux シェルコマンドを実行します。