AWS Data Pipeline
開発者ガイド (API バージョン 2012-10-29)

コンソールテンプレートを使用したパイプラインの作成

AWS Data Pipeline コンソールでは、設定済みのパイプライン定義(テンプレート)がいくつか提供されています。テンプレートを使用すると、AWS Data Pipeline の使用を迅速に開始することができます。パラメータ化された値を使用してテンプレートを作成することもできます。これにより、パラメータと定義済みの属性でパイプラインオブジェクトを指定することができます。ツールを使用して、パイプライン内で特定用途の値を作成することもできます。これにより、異なる値を使用してパイプライン定義を再利用することが可能になります。詳細については、「パラメータ化されたテンプレートを使用したパイプラインの作成」を参照してください。

パイプラインの初期化、作成、スケジュール

AWS Data Pipeline コンソールの [Create Pipeline] ページでは、パイプラインの作成とスケジュールを簡単に行うことができます。

パイプラインの作成とスケジュールを行うには

  1. https://console.aws.amazon.com/datapipeline/ で AWS Data Pipeline コンソールを開きます。

  2. [Get started now] または [Create Pipeline] をクリックします。

  3. パイプラインの名前と説明(オプション)を入力します。

  4. パイプライン定義をインタラクティブに作成してノードを編集するには [Build using Architect] を選択します。または、[Build using a template] を選択してテンプレートを選択します。テンプレートの詳細については、「テンプレートの選択」を参照してください。

    テンプレートの使用を選択した場合、コンソールで [Parameters] にそのテンプレートに固有のフォームが表示されます。必要に応じてフォームに入力します。

  5. パイプラインをアクティブ化の際に 1 回実行するか、スケジュールに沿って実行するかを選択します。

    パイプラインをスケジュールに沿って実行する場合

    1. [Run every] で、パイプラインの間隔を選択します。開始時刻と終了時刻により、この間隔に十分対応できる長さの間隔を設定する必要があります。

    2. [Starting] 時刻を選択します。[on pipeline activation] を選択した場合、パイプラインは現在のアクティベーション化日時を使用します。

    3. [Ending] 時刻を選択します。[never] を選択した場合、パイプラインは無限に実行されます。

  6. [IAM Roles] のオプションを選択します。[Default] を選択した場合は、AWS Data Pipeline のデフォルトのロールが割り当てられます。オプションで [Custom] を選択して、アカウントで使用可能な別のロールを選択することもできます。

  7. [Edit in Architect] または [Activate] をクリックします。

テンプレートの選択

テンプレートを選択すると、パイプラインの作成ページには、パイプライン定義で指定されているパラメータ(カスタムの Amazon S3 ディレクトリパス、Amazon EC2 キーペア名、データベース接続文字列など)が表示されます。この情報は、パイプラインを作成するときとアクティブ化するときに指定できます。コンソールで使用できる以下のテンプレートは、Amazon S3 バケット(s3://datapipeline-us-east-1/templates/)からダウンロードすることもできます。