ステップ 2: パイプラインの保存と検証 - AWS Data Pipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 2: パイプラインの保存と検証

重要

パイプラインで 6.x シリーズの Amazon EMR リリースバージョンを使用している場合は、ブートストラップアクションを追加して、次の Jar ファイルを Hadoop クラスパスにコピーする必要があります。MyRegionはAWSパイプラインが実行されるリージョン: s3://dynamodb-dpl-MyRegion/emr-ddb-storage-handler/4.14.0/emr-dynamodb-tools-4.14.0-jar-with-dependencies.jar。 詳細については、「」を参照してください。Amazon EMR 6.1.0 リリースと Hadoop 3.x の Jar の依存関係

さらに、name が TableBackupActivity である EmrActivity の step フィールドで最初の引数を s3://dynamodb-dpl-MyRegion/emr-ddb-storage-handler/4.11.0/emr-dynamodb-tools-4.11.0-SNAPSHOT-jar-with-dependencies.jar から s3://dynamodb-dpl-MyRegion/emr-ddb-storage-handler/4.14.0/emr-dynamodb-tools-4.14.0-jar-with-dependencies.jar に変更する必要があります。

パイプライン定義は、作成プロセス中の任意の時点で保存できます。パイプライン定義を保存するとすぐに、AWS Data Pipeline はパイプライン定義で構文エラーや欠落している値がないか検索します。パイプラインが不完全または正しくない場合は、AWS Data Pipeline によって検証エラーおよび警告が生成されます。警告メッセージは情報提供のみですが、パイプラインをアクティブ化する前にすべてのエラーメッセージを修正する必要があります。

パイプラインを保存および検証するには

  1. [Save pipeline] を選択します。

  2. AWS Data Pipeline はパイプライン定義を検証し、成功、エラー、または警告のメッセージを返します。エラーメッセージが表示された場合は、[Close] (閉じる) を選択します。次に、右のペインで、[Errors/Warnings] (エラー/警告) を選択します。

  3. [Errors/Warnings] (エラー/警告) ペインには、検証に失敗したオブジェクトが一覧表示されます。オブジェクト名の横にあるプラス (+) 記号を選択し、赤色のエラーメッセージを探します。

  4. エラーメッセージがあったら、エラーがある特定のオブジェクトペインに移動してエラーを修正します。例えば、DataNodes オブジェクトにエラーメッセージがある場合、DataNodes ペインに移動し、エラーを修正します。

  5. [Errors/Warnings] (エラー/警告) ペインにリストされているエラーを修正した後で、[Save Pipeline] (パイプラインの保存) を選択します。

  6. パイプラインが正常に検証されるまで、このプロセスを繰り返します。