AWS Data Pipeline
開発者ガイド (API バージョン 2012-10-29)

パイプラインの式と関数

このセクションでは、関連するデータ型を含め、パイプラインで式と関数を使用するための構文について説明します。

単純データ型

以下のデータ型をフィールド値として設定できます。

DateTime

AWS Data Pipeline では、"YYYY-MM-DDTHH:MM:SS" という形式で表される UTC/GMT の日時のみをサポートしています。以下の例では、Schedule オブジェクトの startDateTimeフィールドを、UTC/GMT タイムゾーンの 1/15/2012, 11:59 p.m. に設定します。

"startDateTime" : "2012-01-15T23:59:00"

数値

AWS Data Pipeline は、整数と浮動小数点値の両方をサポートします。

オブジェクト参照

パイプライン定義内のオブジェクト。これは、現在のオブジェクト、パイプライン内の他の場所で定義されているオブジェクトの名前、または node キーワードで参照されるフィールド内の現在のオブジェクトをリストするオブジェクトのいずれかです。node の詳細については、「フィールドとオブジェクトの参照」を参照してください。パイプラインオブジェクトのタイプについては、「パイプラインオブジェクトリファレンス」を参照してください。

間隔

予定されているイベントを実行する頻度を示します。これは、"N [years|months|weeks|days|hours|minutes]" という形式で表されます。ここで、N は正の整数値です。

最小間隔は 15 分で、最大間隔は 3 年です。

次の例では、Schedule オブジェクトの period フィールドを 3 時間に設定します。つまり、3 時間ごとに実行されるスケジュールが設定されます。

"period" : "3 hours"

文字列

標準文字列値。文字列は、二重引用符(")で囲む必要があります。バックスラッシュ文字(\)を使用して、文字列内の文字をエスケープすることができます。複数行の文字列はサポートされていません。

次の例では、id フィールドの有効な文字列値の例を示します。

"id" : "My Data Object" "id" : "My \"Data\" Object"

文字列には、文字列値に評価される式を含めることもできます。これらの式は文字列内に挿入され、"#{" と "}" で区切られます。次の例では、式を使用してパスに現在のオブジェクト名を挿入します。

"filePath" : "s3://myBucket/#{name}.csv"

式の使用の詳細については、「フィールドとオブジェクトの参照」および「式の評価」を参照してください。

このページの内容: