メニュー
AWS Data Pipeline
開発者ガイド (API Version 2012-10-29)

Task Runner

Task Runner は、AWS Data Pipeline に対してタスクをポーリングし、それらのタスクを実行するアプリケーションです。

Task Runner は、AWS Data Pipeline で提供されるタスクランナーのデフォルトの実装です。Task Runner がインストールおよび設定されている場合、それはアクティブ化されているパイプラインに関連付けられているタスクを AWS Data Pipeline でポーリングします。タスクが Task Runner に割り当てられている場合、それはタスクを実行し、そのステータスを AWS Data Pipeline にレポートします。

次の図は、スケジュールされたタスクを処理するための、AWS Data Pipeline と Task Runner のやり取りを示しています。タスクは、AWS Data Pipeline とタスクランナーで共有される独立した作業の単位です。通常、複数のタスクを生成するアクティビティやリソースの一般的な定義であるパイプラインとは異なります。

 AWS Data Pipeline タスクのライフサイクル

Task Runner を使用してパイプラインを処理するには、2 とおりの方法があります。

  • AWS Data Pipeline ウェブサービスによって起動および管理されるリソースに、Task Runner で自動的に AWS Data Pipeline をインストールします。

  • 長期間実行されている EC2 インスタンスやオンプレミスサーバーなど、お客様が管理するコンピューティングリソースに、お客様が Task Runner をインストールします。

Task Runner の操作方法の詳細については、「Task Runner の操作」を参照してください。