RedshiftDatabase - AWS Data Pipeline

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

RedshiftDatabase

Amazon Redshift データベースを定義します。RedshiftDatabaseは、パイプラインで使用されるデータベースのプロパティを表します。

Example

以下は、このオブジェクト型の例です。

{ "id" : "MyRedshiftDatabase", "type" : "RedshiftDatabase", "clusterId" : "myRedshiftClusterId", "username" : "user_name", "*password" : "my_password", "databaseName" : "database_name" }

デフォルトでは、このオブジェクトでは clusterId フィールドを必要とする Postgres ドライバーが使用されます。Amazon Redshift ドライバーを使用するには、代わりに connectionString フィールドで Amazon Redshift コンソールの Amazon Redshift データベース接続文字列 ("jdbc:redshift:" で始まる) を指定します。

構文

必須フィールド 説明 スロットタイプ
*パスワード 指定するパスワード. 文字列
username データベースに接続するときに指定するユーザー名. 文字列

必須のグループ (次のいずれかが必要です) 説明 スロットタイプ
clusterId Amazon Redshift クラスターの作成時にユーザーによって指定された識別子。たとえば、Amazon Redshift クラスターのエンドポイントが mydb.example.us-east-1.redshift.amazonaws.com の場合、正しい識別子は mydb です。この値は、Amazon Redshift コンソールでクラスター識別子またはクラスター名から取得できます。 文字列
connectionString パイプラインとは異なるアカウントが所有する Amazon Redshift インスタンスに接続するための JDBC エンドポイント。connectionStringclusterId の両方を指定することはできません。 文字列

オプションのフィールド 説明 スロットタイプ
databaseName アタッチする論理データベースの名前. 文字列
jdbcProperties このデータベースの JDBC 接続のプロパティとして設定する A=B 形式のペア。 文字列
parent スロットの継承元となる現在のオブジェクトの親。 参照オブジェクト ("parent":{"ref":"myBaseObjectId"} など)
リージョン データベースがあるリージョンのコード。たとえば、us-east-1 です。 一覧表

実行時フィールド 説明 スロットタイプ
@バージョン オブジェクトを作成したパイプラインのバージョン。 文字列

システムフィールド 説明 スロットタイプ
@error 形式が正しくないオブジェクトを説明するエラー. 文字列
@pipelineId このオブジェクトが属するパイプラインの ID。 文字列
@sphere オブジェクトの球は、ライフサイクルにおける場所を示します。コンポーネントオブジェクトにより、試行オブジェクトを実行するインスタンスオブジェクトが発生します. 文字列