Schedule - AWS Data Pipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Schedule

アクティビティの実行など、予定されているイベントのタイミングを定義します。

注記

スケジュールの開始時刻が過去の日時の場合、AWS Data Pipeline はパイプラインをバックフィルして、指定された開始時刻から、実行のスケジュールを直ちに開始します。テストまたは開発の場合は、比較的短い期間を使用してください。そうしないと、AWS Data Pipeline は、パイプラインのその期間の実行をすべてキューに追加し、スケジュールしようと試みます。AWS Data Pipeline は、パイプラインコンポーネントの scheduledStartTime が 1 日以上前である場合、パイプラインのアクティブ化をブロックして、誤ったバックフィルを防ごうと試みます。

Examples

以下は、このオブジェクト型の例です。これは、2012-09-01 の 00 00:00 に開始し 2012-10-01 の 00:00:00 に終了する毎時間のスケジュールを定義します。最初の期間は 2012-09-01 の 01:00:00 に終了します。

{ "id" : "Hourly", "type" : "Schedule", "period" : "1 hours", "startDateTime" : "2012-09-01T00:00:00", "endDateTime" : "2012-10-01T00:00:00" }

次のパイプラインは、FIRST_ACTIVATION_DATE_TIME に開始され、2014 年 4 月 25 日の 22:00:00 まで 1 時間ごとに実行されます。

{ "id": "SchedulePeriod", "name": "SchedulePeriod", "startAt": "FIRST_ACTIVATION_DATE_TIME", "period": "1 hours", "type": "Schedule", "endDateTime": "2014-04-25T22:00:00" }

次のパイプラインは、FIRST_ACTIVATION_DATE_TIME に開始されます。1 時間ごとに実行され、3 回の実行後、終了されます。

{ "id": "SchedulePeriod", "name": "SchedulePeriod", "startAt": "FIRST_ACTIVATION_DATE_TIME", "period": "1 hours", "type": "Schedule", "occurrences": "3" }

次のパイプラインは、2014 年 4 月 25 日の 22:00:00 に開始されます。1 時間ごとに実行され、3 回の実行後、終了されます。

{ "id": "SchedulePeriod", "name": "SchedulePeriod", "startDateTime": "2014-04-25T22:00:00", "period": "1 hours", "type": "Schedule", "occurrences": "3" }

Default オブジェクトを使用したオンデマンド

{ "name": "Default", "resourceRole": "DataPipelineDefaultResourceRole", "role": "DataPipelineDefaultRole", "scheduleType": "ondemand" }

明示的な Schedule オブジェクトを使用したオンデマンド

{ "name": "Default", "resourceRole": "DataPipelineDefaultResourceRole", "role": "DataPipelineDefaultRole", "scheduleType": "ondemand" }, { "name": "DefaultSchedule", "type": "Schedule", "id": "DefaultSchedule", "period": "ONDEMAND_PERIOD", "startAt": "ONDEMAND_ACTIVATION_TIME" },

次の例は、Default オブジェクトから Schedule を継承する方法、そのオブジェクトに対して明示的に設定する方法、または親参照から指定する方法を示します。

Default オブジェクトから継承されたスケジュール

{ "objects": [ { "id": "Default", "failureAndRerunMode":"cascade", "resourceRole": "DataPipelineDefaultResourceRole", "role": "DataPipelineDefaultRole", "pipelineLogUri": "s3://myLogsbucket", "scheduleType": "cron", "schedule": { "ref": "DefaultSchedule" } }, { "type": "Schedule", "id": "DefaultSchedule", "occurrences": "1", "period": "1 Day", "startAt": "FIRST_ACTIVATION_DATE_TIME" }, { "id": "A_Fresh_NewEC2Instance", "type": "Ec2Resource", "terminateAfter": "1 Hour" }, { "id": "ShellCommandActivity_HelloWorld", "runsOn": { "ref": "A_Fresh_NewEC2Instance" }, "type": "ShellCommandActivity", "command": "echo 'Hello World!'" } ] }

オブジェクトの明示的なスケジュール

{ "objects": [ { "id": "Default", "failureAndRerunMode":"cascade", "resourceRole": "DataPipelineDefaultResourceRole", "role": "DataPipelineDefaultRole", "pipelineLogUri": "s3://myLogsbucket", "scheduleType": "cron" }, { "type": "Schedule", "id": "DefaultSchedule", "occurrences": "1", "period": "1 Day", "startAt": "FIRST_ACTIVATION_DATE_TIME" }, { "id": "A_Fresh_NewEC2Instance", "type": "Ec2Resource", "terminateAfter": "1 Hour" }, { "id": "ShellCommandActivity_HelloWorld", "runsOn": { "ref": "A_Fresh_NewEC2Instance" }, "schedule": { "ref": "DefaultSchedule" }, "type": "ShellCommandActivity", "command": "echo 'Hello World!'" } ] }

親参照からのスケジュール

{ "objects": [ { "id": "Default", "failureAndRerunMode":"cascade", "resourceRole": "DataPipelineDefaultResourceRole", "role": "DataPipelineDefaultRole", "pipelineLogUri": "s3://myLogsbucket", "scheduleType": "cron" }, { "id": "parent1", "schedule": { "ref": "DefaultSchedule" } }, { "type": "Schedule", "id": "DefaultSchedule", "occurrences": "1", "period": "1 Day", "startAt": "FIRST_ACTIVATION_DATE_TIME" }, { "id": "A_Fresh_NewEC2Instance", "type": "Ec2Resource", "terminateAfter": "1 Hour" }, { "id": "ShellCommandActivity_HelloWorld", "runsOn": { "ref": "A_Fresh_NewEC2Instance" }, "parent": { "ref": "parent1" }, "type": "ShellCommandActivity", "command": "echo 'Hello World!'" } ] }

Syntax

必須フィールド 説明 スロットタイプ
期間 パイプラインの実行頻度。形式は、"N [minutes|hours|days|weeks|months]" です。ここで N は数字で、その後に時間指定子の 1 つを続けます。たとえば、"15 minutes" は、15 分ごとにパイプラインを実行します。最小間隔は 15 分で、最大間隔は 3 年です。 間隔

必須のグループ (次のいずれかが必要です) 説明 スロットタイプ
startAt スケジュールされたパイプライン実行を開始する日時。有効な値は FIRST_ACTIVATION_DATE_TIME ですが、この値はオンデマンドパイプラインの作成には推奨されていません。 一覧表
startDateTime スケジュールした実行を開始する日時。startDateTime または startAt を使用する必要があります。両方使用することはできません。 DateTime

オプションのフィールド 説明 スロットタイプ
endDateTime スケジュールした実行が終了する日時。startDateTime または startAt の値より後の日時である必要があります。デフォルトの動作では、パイプラインがシャットダウンされるまで実行をスケジューします。 DateTime
occurrences パイプラインをアクティブ化してから実行する回数。endDateTime で occurrences を使用することはできません。 整数
parent スロットの継承元となる現在のオブジェクトの親。 参照オブジェクト ("parent":{"ref":"myBaseObjectId"} など)

実行時フィールド 説明 スロットタイプ
@バージョン オブジェクトが作成されたパイプラインのバージョン。 文字列

システムフィールド 説明 スロットタイプ
@error 形式が正しくないオブジェクトを説明するエラー 文字列
@firstActivationTime オブジェクト作成の時刻。 DateTime
@pipelineId このオブジェクトが属するパイプラインの ID 文字列
@sphere オブジェクトの球は、ライフサイクルにおける場所を示します。コンポーネントオブジェクトにより、試行オブジェクトを実行するインスタンスオブジェクトが発生します。 文字列