日付および時刻関数 - AWS Data Pipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

日付および時刻関数

以下の関数は、DateTime 値を操作するために使用できます。例では、myDateTime の値は、May 24, 2011 @ 5:10 pm GMT です。

注記

AWS Data Pipeline の日付/時刻形式は Joda Time で、これは Java の日付と時刻のクラスを置き換えます。詳細については、「Joda Time - DateTimeFormat クラス」を参照してください。

関数 説明

int day(DateTime myDateTime)

DateTime 値の日付を整数として取得します。

例: #{day(myDateTime)}

結果: 24

int dayOfYear(DateTime myDateTime)

DateTime 値の年初からの日数を整数として取得します。

例: #{dayOfYear(myDateTime)}

結果: 144

DateTime firstOfMonth(DateTime myDateTime)

指定された DateTime の月初の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{firstOfMonth(myDateTime)}

結果: "2011-05-01T17:10:00z"

String format(DateTime myDateTime,String format)

指定された書式文字列を使用して、指定された DateTime を変換した結果である String オブジェクトを作成します。

例: #{format(myDateTime,'YYYY-MM-dd HH:mm:ss z')}

結果: "2011-05-24T17:10:00 UTC"

int hour(DateTime myDateTime)

DateTime 値の時間を整数として取得します。

例: #{hour(myDateTime)}

結果: 17

DateTime makeDate(int year,int month,int day)

指定された年、月、日の深夜 0 時で、UTC の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{makeDate(2011,5,24)}

結果: "2011-05-24T0:00:00z"

DateTime makeDateTime(int year,int month,int day,int hour,int minute)

指定された年、月、日、時、分で、UTC の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{makeDateTime(2011,5,24,14,21)}

結果: "2011-05-24T14:21:00z"

DateTime midnight(DateTime myDateTime)

指定された DateTime を基準として、現在の深夜 0 時の DateTime オブジェクトを作成します。たとえば、MyDateTime2011-05-25T17:10:00z である場合、結果は次のとおりです。

例: #{midnight(myDateTime)}

結果: "2011-05-25T0:00:00z"

DateTime minusDays(DateTime myDateTime,int daysToSub)

指定された DateTime から指定された日数を引いた結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{minusDays(myDateTime,1)}

結果: "2011-05-23T17:10:00z"

DateTime minusHours(DateTime myDateTime,int hoursToSub)

指定された DateTime から指定された時間数を引いた結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{minusHours(myDateTime,1)}

結果: "2011-05-24T16:10:00z"

DateTime minusMinutes(DateTime myDateTime,int minutesToSub)

指定された DateTime から指定された分数を引いた結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{minusMinutes(myDateTime,1)}

結果: "2011-05-24T17:09:00z"

DateTime minusMonths(DateTime myDateTime,int monthsToSub)

指定された DateTime から指定された月数を引いた結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{minusMonths(myDateTime,1)}

結果: "2011-04-24T17:10:00z"

DateTime minusWeeks(DateTime myDateTime,int weeksToSub)

指定された DateTime から指定された週数を引いた結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{minusWeeks(myDateTime,1)}

結果: "2011-05-17T17:10:00z"

DateTime minusYears(DateTime myDateTime,int yearsToSub)

指定された DateTime から指定された年数を引いた結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{minusYears(myDateTime,1)}

結果: "2010-05-24T17:10:00z"

int minute(DateTime myDateTime)

DateTime 値の分を整数として取得します。

例: #{minute(myDateTime)}

結果: 10

int month(DateTime myDateTime)

DateTime 値の月を整数として取得します。

例: #{month(myDateTime)}

結果: 5

DateTime plusDays(DateTime myDateTime,int daysToAdd)

指定された DateTime に指定された日数を足した結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{plusDays(myDateTime,1)}

結果: "2011-05-25T17:10:00z"

DateTime plusHours(DateTime myDateTime,int hoursToAdd)

指定された DateTime に指定された時間数を足した結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{plusHours(myDateTime,1)}

結果: "2011-05-24T18:10:00z"

DateTime plusMinutes(DateTime myDateTime,int minutesToAdd)

指定された DateTime に指定された分数を足した結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{plusMinutes(myDateTime,1)}

結果: "2011-05-24 17:11:00z"

DateTime plusMonths(DateTime myDateTime,int monthsToAdd)

指定された DateTime に指定された月数を足した結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{plusMonths(myDateTime,1)}

結果: "2011-06-24T17:10:00z"

DateTime plusWeeks(DateTime myDateTime,int weeksToAdd)

指定された DateTime に指定された週数を足した結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{plusWeeks(myDateTime,1)}

結果: "2011-05-31T17:10:00z"

DateTime plusYears(DateTime myDateTime,int yearsToAdd)

指定された DateTime に指定された年数を足した結果の DateTime オブジェクトを作成します。

例: #{plusYears(myDateTime,1)}

結果: "2012-05-24T17:10:00z"

DateTime sunday(DateTime myDateTime)

指定された DateTime を基準として、前の日曜日の DateTime オブジェクトを作成します。指定された DateTime が日曜日である場合、結果は指定された DateTime です。

例: #{sunday(myDateTime)}

結果: "2011-05-22 17:10:00 UTC"

int year(DateTime myDateTime)

DateTime 値の年を整数として取得します。

例: #{year(myDateTime)}

結果: 2011

DateTime yesterday(DateTime myDateTime)

指定された DateTime を基準として、前の日の DateTime オブジェクトを作成します。結果は minusDays(1) と同じです。

例: #{yesterday(myDateTime)}

結果: "2011-05-23T17:10:00z"