パイプラインのステータスの詳細を解釈する - AWS Data Pipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

パイプラインのステータスの詳細を解釈する

AWS Data Pipeline コンソールと CLI に表示されるさまざまなステータスレベルは、パイプラインとそのコンポーネントの状態を示します。パイプラインのステータスは、単にパイプラインの概要を表します。詳細を確認するには、個別のパイプラインコンポーネントのステータスを表示します。これは、コンソールでパイプラインをクリックするか、または CLI を使用してパイプラインコンポーネントの詳細を取得することで、実行できます。

ステータスコード

ACTIVATING

コンポーネントまたはリソース(EC2 インスタンスなど)が開始されます。

CANCELED

コンポーネントはユーザーによってキャンセルされました。AWS Data Pipelineそれが実行できる前に。これは、このコンポーネントが依存する別のコンポーネントまたはリソースで障害が発生したときに自動的に発生します。

CASCADE_FAILED

コンポーネントまたはリソースは、依存関係の 1 つからのカスケード障害の結果としてキャンセルされましたが、そのコンポーネントはおそらく元の障害の原因ではありませんでした。

DEACTIVATING

パイプラインが非アクティブ化されています。

FAILED

コンポーネントまたはリソースにエラーが発生し、動作を停止しました。コンポーネントまたはリソースに障害が発生すると、そのコンポーネントに依存する他のコンポーネントにキャンセルや失敗がカスケードする可能性があります。

FINISHED

コンポーネントが割り当てられた作業を完了しました。

INACTIVE

パイプラインが非活動化されました。

PAUSED

コンポーネントは一時停止され、現在作業を実行していません。

PENDING

パイプラインを初めてアクティブ化する準備が整いました。

RUNNING

リソースが実行中であり、作業を受ける準備ができています。

SCHEDULED

リソースが実行されるようにスケジュールされています。

SHUTTING_DOWN

リソースは、作業が正常に完了した後、シャットダウンしています。

SKIPPED

現在のスケジュールよりも後のタイムスタンプを使用して、パイプラインがアクティブ化された後、コンポーネントは実行間隔をスキップしました。

TIMEDOUT

リソースがterminateAfterのしきい値によって停止され、AWS Data Pipeline。リソースがこの状態に達すると、AWS Data Pipelineは無視されます。actionOnResourceFailure,retryDelay, およびretryTimeoutの値を指定します。このステータスは、リソースにのみ適用されます。

VALIDATING

パイプライン定義はAWS Data Pipeline。

WAITING_FOR_RUNNER

コンポーネントは、ワーカークライアントが作業項目を取得するのを待機しています。コンポーネントとワーカーのクライアント関係は、runsOnまたはworkerGroupフィールドによって定義されます。

WAITING_ON_DEPENDENCIES

コンポーネントは、作業を実行する前に、デフォルトの前提条件とユーザー設定の前提条件が満たされていることを確認しています。