API の使用 - AWS Data Pipeline

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

API の使用

注記

AWS Data Pipeline を操作するプログラムを作成しているのではない場合、どの AWS SDK もインストールする必要はありません。コンソールまたはコマンドラインインターフェイスを使用してパイプラインを作成し、実行できます。詳細については、「AWS Data Pipeline のセットアップ」を参照してください。

AWS Data Pipeline を操作するアプリケーションを作成する場合や、カスタム Task Runner を実装する場合、最も簡単な方法は AWS SDK のいずれかを使用する方法です。AWS SDK は、任意のプログラミング環境からのウェブサービス API の呼び出しを簡素化する機能を提供します。詳細については、「AWS SDK をインストールする」を参照してください。

AWS SDK をインストールする

AWS SDK には、API をラップして、署名の計算、リクエストの再試行の処理、エラー処理など、接続のさまざまな詳細を処理する関数が用意されています。また SDK には、AWS を呼び出すアプリケーションの作成を開始するのに役立つ、サンプルコード、チュートリアルなどのリソースも含まれています。SDK のラッパー関数を呼び出すと、AWS アプリケーションを作成するプロセスを大幅に簡素化できます。AWS SDK をダウンロードして使用する方法の詳細については、「サンプルコードとライブラリ」を参照してください。

AWS Data Pipeline のサポートは、以下のプラットフォーム用の SDK で使用できます。